『パラサイト 半地下の家族』('20初鑑賞03・劇場)

para-01.jpg
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて
13:35の回を鑑賞。字幕版。

見どころ:
『母なる証明』などのポン・ジュノが監督を務め、第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した人間ドラマ。
裕福な家族と貧しい家族の出会いから始まる物語を描く。
ポン・ジュノ監督作『グエムル -漢江の怪物-』などのソン・ガンホをはじめ、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などのチェ・ウシク、『最後まで行く』などのイ・ソンギュンらが出演。

あらすじ
半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる。

(シネマトゥデイ)

para-02.jpg

韓国映画。ポン・ジュノ監督作品。
昨年のカンヌ映画祭で、パルムドールを受賞。

ポン・ジュノ作品は好きで、観るのを楽しみにしていました。(NETFLIXに入ったのも、この監督の『オクジャ』が観たかったからです)

タイトル通り、裕福な家庭に「寄生」する家族をユーモアたっぷりに描いております。
中盤まではコメディーですが、徐々にミステリー、サスペンス、ホラーへと変わっていきます。

お父さん役のソン・ガンホの存在感が大きい。

「匂い」が重要な映画ですよね。加齢臭、半地下の暮らしのそれ、一見人格者っぽい人物が鼻をつまんで、顔を歪める。それを目の当たりにしたお父さんの突発的な行動。

脚本がすごく面白い。
いろいろ考えさせる、ある意味社会派エンターテインメントです。
これも満点作品でした!!


para-p.jpg
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

パラサイト 半地下の家族 (2019)
2020年1月10日公開 132分

映画詳細データ:
英題:PARASITE
製作国:韓国
配給:ビターズ・エンド
技術:カラー/ビスタ

スタッフ
監督・脚本
ポン・ジュノ
脚本
ハン・ジヌォン
製作者
クァク・シネ
ムン・ヤングォン
プロデューサー
チャン・ヨンファン
撮影
ホン・ギョンピョ
プロダクションデザイナー
イ・ハジュン
衣装
チェ・セヨン
ヘア&メイク
キム・ソヨン
音楽
チョン・ジェイル
編集
ヤン・ジンモ

キャスト
ソン・ガンホ(ギテク)
イ・ソンギュン(ドンイク)
チョ・ヨジョン(ヨンギョ)
チェ・ウシク(ギウ)
パク・ソダム(ギジョン)
イ・ジョンウン(ムングァ)
チャン・ヘジン(チュンスク)



"『パラサイト 半地下の家族』('20初鑑賞03・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント