『居眠り磐音』('19初鑑賞36・劇場)




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
5月17日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:30の回を鑑賞。


見どころ:
佐伯泰英の小説シリーズを、『娼年』などの松坂桃李の主演で映画化した時代劇。
普段は人情に厚く穏やかな主人公が、「居眠り剣法」でさっそうと悪を斬る。

『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英が監督を務め、脚本をドラマ「ちかえもん」などの藤本有紀が手掛ける。


あらすじ:
豊後関前藩の坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、河井慎之輔は、幼なじみだった。
磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。

奈緒を置いて関前を去り、江戸で浪人として生活することになった磐音は、昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。


(シネマトゥデイ)





松坂桃李主演、本木克英監督、佐伯泰英原作の映画化。
NHKのTVドラマ版は未見。



江戸時代中期。豊後(大分)の関前藩(架空)藩士:坂崎磐音(松坂桃李)が主人公。
幼馴染を次々に失い、許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった。


映画館で観る久々の本格時代劇です。

前半の次々と起こる悲劇からぐいぐいと引き付けられ、中盤ではコメディー要素もあり、切なく美しい後半と見せ場いっぱいで楽しめました。


しかし、TVドラマを観ているようで、映画的興奮は少々足りなかったかなぁ。
時間もちょっと長く感じた。


予告編で重要な部分を見せすぎ。
予告でだいたいの展開が解ってしまいます。(^^;;


あの女優さんが、花魁同中を演じるのちょっとはやいかなー。
個人的にはすごく好きな『べっぴんさん』女優なんですけどね。(^-^)





(C) 2019映画「居眠り磐音」製作委員会

居眠り磐音 (2019)
2019年5月17日公開 121分

映画詳細データ
製作国:日本
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
カラー/シネスコ

スタッフ
原作:佐伯泰英
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:高見優
企画・プロデュース:藤村直人
撮影:安田雅彦
照明:はのひろし
美術:原田哲男、倉田智子
録音:山本研二
編集:川瀬功
装飾:郷原慶太、中込秀志
アクションコーディネーター:諸鍛冶裕太
主題歌:MISIA

キャスト
松坂桃李(坂崎磐音)
木村文乃(おこん)
芳根京子(小林奈緒)
柄本佑(小林琴平)
杉野遥亮(河出慎之輔)
佐々木蔵之介(佐々木玲圓)
陣内孝則(庄右衛門)
石丸謙二郎(坂崎正睦)
西村まさ彦(田沼意次)
谷原章介(吉右衛門)
中村梅雀(金兵衛)
柄本明(有楽斎)



よろしければ、クリックお願い致します♪



陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫)
文藝春秋
2019-02-08
佐伯 泰英

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"『居眠り磐音』('19初鑑賞36・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント