『キングダム』('19初鑑賞30・劇場)



☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
4月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
4月30日(火) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 11:50の回を鑑賞。


見どころ:
原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。
中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を映す。

メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。
『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズなどの橋本環奈をはじめ、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが共演を果たした。


あらすじ:
紀元前245年、中華西方の国・秦。
戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。

やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。
息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。

漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

(シネマトゥデイ)






原作マンガは未見、TVアニメは鑑賞。
日本でマンガ原作の実写映画は残念な出来のものが多いが、今作は予想以上の出来に嬉しくなった。

各キャストのなりきりっぷりに拍手。


衣装・美術・VFX・音楽が良い仕事してます。
原作でも最初の方の出来事なので、この続きをこのメンバーでぜひとも見せて頂きたいものです。



王騎将軍の大沢たかお、良いけど、もっと口角上げて、タラコくちびるにしてほしいですねぇ。
「ここここ」って笑い方はあったかな。(?)


セリフの喋り方はアニメの喋り方そのまんま。
「童(わらべ)信」と信に語り掛けるところは、その後の展開を知っているだけに、ジーンとくるものがありました。




河了貂の橋本環奈、イメージに合ってます!

邦画らしくないスケールの作品に仕上がってました。 (^-^)



(C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

キングダム (2019)
2019年4月19日公開 134分

映画詳細データ
製作国:日本
製作:映画「キングダム」製作委員会
配給:東宝
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・脚本:佐藤信介
脚本・原作:原泰久
脚本:黒岩勉

キャスト
山崎賢人
吉沢亮
長澤まさみ
橋本環奈
本郷奏多
満島真之介
阿部進之介
深水元基
高嶋政宏
要潤
橋本じゅん
坂口拓
宇梶剛士
加藤雅也
石橋蓮司
大沢たかお




よろしければ、クリックお願い致します♪




キングダム コミック 1-53巻セット
集英社
原 泰久

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"『キングダム』('19初鑑賞30・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント