西郷どん 第39話「父、西郷隆盛」




大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第39回「父、西郷隆盛」 あらすじ・・・・・・・


明治2年、隠居し薩摩で穏やかな日々を過ごしていた西郷隆盛(鈴木亮平)は、奄美大島から9歳になる息子・菊次郎(城桧吏)を薩摩に引き取る。
しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子・寅太郎にも遠慮し心を開かない。

一方、明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起こっていた。

そんな時、大久保利通(瑛太)は従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得させる。


(オフィシャルサイトより)








今回から最終章に突入。始まりは明治37年。 
いままで「語り」を担当していた西田敏行さんが、西郷隆盛の長男:菊次郎役で登場。


オープニング映像も予想通り、若干変わり
自分の知りうる父の姿を回想する形で、明治2年のお話へ。


「西郷隆盛」と名前を変えた吉之助。
今回の役作りも半端ない鈴木亮平。また体重を増やしたようです。


奄美大島の愛加那さん、久々に登場。
愛加那さんの姿が観れるだけでも胸いっぱいです。


息子 菊次郎を薩摩(鹿児島)に迎え入れるべく、糸さんが訪ねて行きました。


今回は見どころばかりで、決して派手な見せ場はないが、ドラマとして抜群の出来栄えだと思った。
ワンコ2匹の名前も史実通り。


来週からの展開に大いに期待したい。




よろしければ、クリックお願い致します♪




西郷どん 完全版 第参集 Blu-ray
ポニーキャニオン
2018-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"西郷どん 第39話「父、西郷隆盛」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント