『ランペイジ 巨獣大乱闘』('18初鑑賞41・劇場)



☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
5月18日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。 2D:字幕版。


見どころ:
ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、1986年に発売されたアーケードゲームを実写映画化したパニックアクション。
巨大化した動物たちが、大都会で暴れ回り街を破壊していくさまを描く。

『ムーンライト』などのナオミ・ハリス、『ウォッチメン』などのマリン・アッカーマン、『女神の見えざる手』などのジェイク・レイシーらが共演。『カリフォルニア・ダウン』でもドウェインと組んだブラッド・ペイトンがメガホンを取った。


あらすじ:
ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。
動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。

人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

(シネマトゥデイ)






映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』鑑賞。
もとはGAMEだそうですが、ぜんぜん知らない。(^^;;

カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトン監督、ドウェイン・ジョンソン主演。
役柄は特殊部隊出身の霊長類学者・・・・という、冗談みたいな設定。(笑)


シカゴの大企業が兵器開発のために作り出したウィルスが流出し、動物が巨大化凶暴化して大暴れするお話です。(^^;


この映画のメインは、シカゴの街並みを巨大化した動物が破壊しまくる描写。
ストレス解消にはもってこいでございます!!


そして、破壊スペクタクルだけではなく、巨大凶暴化したゴリラのジョージとの信頼感がほっこりさせてくれました。
悪人の最期をしっかり描いてくれてるので、満足のいく仕上がりでした。



良く出来たB級怪獣映画って感じです。
これも映画館でみるべき作品ですね。(^-^)






ランペイジ 巨獣大乱闘 (2018)
2018年5月18日公開 107分

映画詳細データ:
英題:RAMPAGE
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・製作:ブラッド・ペイトン
製作:ボー・フリン、ジョン・リカード、ハイラム・ガルシア
脚本・ストーリー:ライアン・イングル
脚本:カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル
製作総指揮:ドウェイン・ジョンソン、マーカス・ヴィシディ、ダニー・ガルシア、ジェフ・フィアソン、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、マイケル・ディスコ
撮影:ジャロン・プレサント
美術:バリー・チューシッド
編集:ジム・メイ、ボブ・ダクセイ
衣装:メリッサ・ブルーニング
音楽:アンドリュー・ロッキングトン
視覚効果監修:コリン・ストラウス

キャスト
ドウェイン・ジョンソン(デイビス・オコイエ)
ナオミ・ハリス(ケイト・コールドウェル博士)
マリン・アッカーマン(クレア)
ジェイク・レイシー(ブレット・ワイデン)
ジョー・マンガニエロ(バーク)
ジェフリー・ディーン・モーガン(ラッセル捜査官)
P・J・バーン(ネルソン)
マーリー・シェルトン(アトキンズ博士)
ジェイソン・ライルズ(ジョージ)




よろしければ、クリックお願い致します♪




カリフォルニア・ダウン [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カリフォルニア・ダウン [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『ランペイジ 巨獣大乱闘』('18初鑑賞41・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント