西郷どん 第06話「謎の漂流者」



大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第6話「謎の漂流者」 あらすじ・・・・・・・


藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助(鈴木亮平)は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。
男は吉之助を警戒し何を聞いても口を閉ざすが、男を襲う刺客が現れ、吉之助は間一髪で男を助け牢から逃亡し、西郷家にかくまうことになる。

一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。
そんな糸を連れ出した正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。

(オフィシャルサイトより)







今回も、ほぼ脚本家の創作による回でごわした。
史実とは若干違っても、ドラマとして楽しく拝見しました。(^-^)


牢屋に捕らわれていたメリケンからの漂流者はやっぱり ジョン万次郎。
土佐に残してきた”おっかぁ”に一目会いたいがために、命を懸けて戻ってきました。


吉之助さぁは、その人間的な魅力で、どうにかジョン万次郎の生い立ちを聴きだすことに成功。
すべて、斉彬の指図によるものでした。


「おっかぁ・・・」と叫ぶ万次郎(劇団ひとり)の芝居に思わず胸が熱くなりもした。

(♪Home sweet home♪「埴生の宿」 が印象的に流れます)



さてもうひとつは、吉之助が切腹させられるかもと聞いて、一心不乱に走った糸さぁ。

正助どんは、気持ちを察して、糸に吉之助に愛を伝えることを進言。


しかし吉之助は、どんかん極まり、糸さざの気持ちを全く理解していない。
ラブコメの定石ですな~。(^-^)


そして、糸さぁは、嫁に行ってしまいもした。吉之助さん、まだまだ。(^^;;


今回の糸さぁ語録: にゃにゃにゃ。





よろしければ、クリックお願い致します♪





西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
NHK出版
2017-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"西郷どん 第06話「謎の漂流者」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント