『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』('17初鑑賞138・劇場)



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
12月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:40の回を鑑賞。 2D:字幕版。
12月21日(木) 109シネマズ大阪エキスポシティ シアター11にて 12:10の回を鑑賞。 IMAX:2D:字幕版。


見どころ:
世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。

『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当し、前作に引き続きデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガやマーク・ハミルらが出演。

レイがルーク・スカイウォーカーから知らされる真実や、ダース・ベイダーになろうとするカイロ・レン、レジスタンスたちの新ミッションなど見どころ満載。

(シネマトゥデイ)







待ちに待ったエピソード8
『最後のジェダイ』とは誰なのか? 誰も観たことのない衝撃の展開!・・・・・と散々煽られましたが
ちゃーんと、スターウォーズらしい展開であったと胸をなでおろしております。(^-^)


監督が『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソンだったので、正直心配でした。
(ルーパーは個人的に面白いとは思うが、不満も多かった)


今回の主役は、やはり ルーク。
歳を重ねて、決して順風満帆ではなかった俳優生活をおくっている マーク・ハミルの凄みみたいなものがにじみ出た演技でした。


お話としては、カイロ・レンことベン・ソロが何故ダーク・サイドに堕ちたのか・・・ このあたりの詳しいことは、次作で描かれるのでしょう。 『ジェダイの帰還』のあとのルークの行動。

ベン・ソロの師匠として、修行を行うも、ベンの闇の深さに驚き、自らの責任で闇を絶とうとするも、かえってベンのダーク・サイドが覚醒することになる。


クライマックスの師弟対決はエキサイティング。





ポーグかわいい!!



レイの両親について。
私は、ルークの娘だと勝手に思ってたんですが、どうやら違ったようで。
さらに、フォースの強い血筋でもなくて、両親は一般的な普通の庶民であることが語られます。


いままでだと、選ばれた人間(例:スカイウォーカー家)の特殊な能力が理力(フォース)という位置付けだったと思うんですが、今作から(マスター・ルークも語ってます)決して特別な力ではなく、誰しも本来備わっている能力だということが判明。


レンとカイロの結びつきは、ファースト・オーダーのスノーク最高指導者の策略によるものでした。


このあたりの展開、ちょっと安易な気もする。
ラス・ボスだと思ってたスノークがあっさりと殺され、カイロが最高指導者になる・・・・



父親殺しが、そうあっさりと ええもんになってもらっては納得できんわね。(^^;;



賛否両論ありますが、私は、最高の出来栄えだと思いました。
ルークはまだ出番がありそうだし(肉体は滅んだけど)、レイの成長とカイロの結末が気になる。




エピソード4~6、1~3 にはあまり出てなかった(目立たなかった)アジア系俳優も多く出演。
フィンとコンビを組んだローズ役(天童よしみ似の)ケリー・マリー・トラン。ベトナム系のアメリカ人だそうで。

エピソード10以降にも出番がありそうな感じ。



映画制作時の時代背景もありますが、アジア系俳優の活躍は喜ばしいことですね。
(いまのところ、中国系がやたら多いが・・・・)


今回の3部作最終章エピソード9が楽しみ。・・・・で、その前にスピン・オフ第二弾『ハン・ソロ』が
2018年6月公開ってことで大いに期待。



エンドロールにレイア姫こと、キャリー・フィッシャーへのメッセージ。合掌。


『EP-7 フォースの覚醒』の感想はコチラ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の感想はコチラ






(C) 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
英題:STAR WARS: THE LAST JEDI
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年12月15日
上映時間:2時間32分
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
製作会社:ルーカスフィルム / バッド・ロボット / ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
カラー/シネスコ

スタッフ
製作総指揮: J・J・エイブラムス / ジェイソン・マクガトリン / トム・カーノウスキー
製作: キャスリーン・ケネディ / ラム・バーグマン
監督・脚本: ライアン・ジョンソン
撮影監督: スティーヴ・イェドリン
編集: ボブ・ダクセイ
プロダクションデザイナー: リック・ハインリクス
ヘアー&メイクアップデザイナー: ピーター・スウォーズ・キング
USキャスティングディレクター: メアリー・ヴァーニュー
共同プロデューサー・VPポストプロダクション: ピッパ・アンダーソン
クリーチャー&ドロイドFXクリエイティブスーパーバイザー: ニール・スキャンラン
衣装デザイナー: マイケル・カプラン
プロップマスター: ジェイミー・ウィルキンソン
SFXスーパーバイザー: クリス・コーボールド
スタントコーディネーター: ロブ・インチ
VFXスーパーバイザー: ベン・モリス
UKキャスティングディレクター: ニナ・ゴールド

キャスト
レイ: デイジー・リドリー
フィン: ジョン・ボイエガ
カイロ・レン: アダム・ドライヴァー
ポー・ダメロン: オスカー・アイザック
ルーク・スカイウォーカー: マーク・ハミル
レイア・オーガナ: キャリー・フィッシャー
C-3PO: アンソニー・ダニエルズ
ベニチオ・デル・トロ
ローラ・ダーン
ケリー・マリー・トラン




よろしければ、クリックお願い致します♪





"『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』('17初鑑賞138・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント