おんな城主 直虎 第46回「悪女について」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第四十六回「悪女について」 あらすじ・・・・・・・


家康(阿部サダヲ)は武田との内通を理由に嫡男・信康(平埜生成)の首を差し出すよう信長(市川海老蔵)から要求される。
織田に逆らえない家康は信康の幽閉先を移しながら時間を稼ぎ、裏では北条と結ぶことで武田を追い詰め、その代わりに信康の助命を願い出ようと奔走する。

織田がいらだち始めた頃、瀬名(菜々緒)は武田との密通の証である書状を残して姿を消す。
直虎(柴咲コウ)は瀬名が信康の罪を一身に引き受けようとしていることを知り、井伊谷でかくまおうとするが…。

(オフィシャルサイトより)




瀬名さん(築山殿)最期の回。
徳川家にとっては、かなりポピュラーな事件ですね。


このドラマでは信長の娘で信康の正室:徳姫は名前だけしか登場してませんが、この件では重要な部分だと思うんだが・・・。

相変わらず、若いまんまの瀬奈さん。
息子:信康の命を守るため、すべての責任を自分ひとりでおって、死ぬことを決意。


瀬名を演じる菜々緒よりも、家康を演じる阿部サダヲの上手さが引き立ちました。

万千代くん、小野政次から教えてもらった囲碁の極意を家康に。
「戦に負けたときは、なぜ負けたのか考えよ」


負けたときに次の勝利の因を作る とはよく言ったものです。


あと4回。




よろしければ、クリックお願い致します♪




おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2017-09-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"おんな城主 直虎 第46回「悪女について」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント