おんな城主 直虎 第28回「死の帳面」




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSを録画で鑑賞。 第二十八回「死の帳面」 あらすじ・・・・・・・


気賀の城主となることを認められた直虎(柴咲コウ)は、方久(ムロツヨシ)に城代を任せることで商人の自治を保障する。

危篤状態からの復活を遂げた寿桂尼(浅丘ルリ子)は甲斐の武田信玄(松平健)のもとを訪れ、武田家に嫁いでいた氏真(尾上松也)の妹・鈴(岸茉莉)を駿府に返すよう要求する。
寿桂尼はさらに北条氏康を味方につけ、武田への圧力を強める。
北条の仲立ちによって今川と武田の争いはいったん落ち着くが、寿桂尼と氏真の間には深い亀裂が生まれてしまう。

寿桂尼が再び病床に伏し命が危ぶまれるが、氏真が催したうたげの音に誘われ意識を取り戻す。一方、井伊では直虎と政次(高橋一生)が寿桂尼の容態を鑑み、今川から徳川に寝返る算段をはじめる。そんななか、直虎は寿桂尼の呼び出しを受け、久しぶりの対面を果たすことに。

二人は出会いからこれまでを振り返って涙し、変わらぬ主従関係を誓うが、その胸の内はそれぞれの家を守ることを第一としていた。

(オフィシャルサイトより)




ナレーションにもありましたが、いつもとは違う演出で、寿桂尼さんメインの回。
武田信玄役に松平健。で、かなり重厚な大河ドラマらしい、回となりました。


いつものお遊び、サブ・タイトルが デスノート。(笑)


そろそろ今川もやばい状況で、寿桂尼さんの寿命もあとわずか。
そんな中で、面接がはじまり、誰が今川にとって必要か否か。

直虎も寿桂尼に呼ばれて面談。 でその後、デスノートには直虎の名前に×印。


対する直虎も徳川に書状をおくり、寝返りの算段。 
さてさて、どうなりますか。


今回は非常に面白く観させていただきました。
これから、こういった暗躍の場面が多くなりそうな感じ。 逆に楽しみだったりする。(^-^)




よろしければ、クリックお願い致します♪






デスノート Light up the NEW world [Blu-ray]
バップ
2017-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デスノート Light up the NEW world [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"おんな城主 直虎 第28回「死の帳面」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント