『マリアンヌ』('17初鑑賞65・劇場)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
6月15日(木) パルシネマしんこうえん(名画座)にて 15:00の回を鑑賞。字幕版。


見どころ:
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。
第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。

ブラピふんする諜報(ちょうほう)員と惹(ひ)かれ合うヒロインをオスカー女優マリオン・コティヤールが演じるほか、『127時間』などのリジー・キャプラン、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのマシュー・グードらが共演する。

あらすじ:
1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。

二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。

その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。 

(シネマトゥデイ)







ロバート・ゼメキス監督らしくないなーと思て観てました。(^^;

こういう、メロドラマはこの監督には合っていないと思う。


個人的にも、メロドラマって苦手だった。


しかしながら、有名な過去の名作のオマージュというのは良く分かったし、精工に作られたセットでの撮影や
衣装・美術、1942年の雰囲気がそこかしこに感じられて、ハリウッド作品って感じでしたね。


ブラピって、正直な話、演技が上手いとは思わないのだが。


ラストは、やはりそうなるのか・・・

ところで、あの宝石商は やっぱりナチだったんでしょうか?






(C) 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:ALLIED
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年2月10日
上映時間:2時間4分
配給:東和ピクチャーズ
製作会社:GK FILMS
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: ロバート・ゼメキス

キャスト
マックス: ブラッド・ピット
マリアンヌ: マリオン・コティヤール
リジー・キャプラン
マシュー・グード




よろしければ、クリックお願い致します♪




マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
パラマウント
2017-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『マリアンヌ』('17初鑑賞65・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント