『無限の住人』('17初鑑賞43・劇場)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
5月3日(水・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:55の回を鑑賞。


見どころ:
監督・三池崇史、主演・木村拓哉で、国内外で高い評価を受ける沙村広明の人気コミックを実写映画化したアクション。
無為に生きる不死身の剣士・万次と、復讐(ふくしゅう)のために彼を用心棒として雇った少女・凜が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる。

オール京都ロケで撮影された、残酷かつ躍動感あふれる世界観の映像、三池監督の演出と木村による殺陣にも注目。

あらすじ:
100人斬りの異名を持つ万次(木村拓哉)は、わなによって妹を失い、謎の老人に永遠の命を与えられる。
死ぬことのできない無限の体となった今、斬られた傷は自然に治るが、剣術の腕は落ちていた。

ある日、孤独な万次の前にあだ討ちを頼みたいという少女・浅野凛(杉咲花)が現れる。
彼女の願いを聞き入れた万次は、凛と共に剣客集団・逸刀流の首領である天津影久(福士蒼汰)の命を狙う。

(シネマトゥデイ)






原作は相変わらず未読。
キムタク主演よりも三池崇史監督ということに不安を感じながらの鑑賞。(最近、ハズレてばっかり)


キムタクの演技は悪いとは思わない。上手いとも思わないけど。
この方に合わせた脚本・演出が良くないと思ってます。


今作では、杉咲花ちゃんとの共演がかなり良い感じに仕上がってます。
泣きたい花ちゃんに背中を貸してあげる場面など、良いですね。



八百比丘尼の術?で不老不死の身体になった万次さん。
八百比丘尼といえば、人魚の肉を食べたことで、800歳まで生きたって伝説がありますね。
手塚治虫の『火の鳥 異形編』でも登場。


不老不死とは言っても、斬られると血は噴き出すし、当然痛い。
そんな痛みに耐えながらの復習劇。


クライマックスの痛々しいぶった斬りアクションが見どころなんですが、観ててちょっとしんどくなってくる。
三池監督ってこういうのが多い。


なんかメリハリがなくなって、ダラダラした感じになる、 「早く終われ!」って思いながら観てました。
なので、上映時間ももうちょっと短く出来るんちゃうかなー。

市川海老蔵って、出てくる意味あんのか?

北村一輝ってどこで出てた?・・・・って声が良く聞こえてきましたが、私はすぐに解りました♪



杉咲花ちゃんはすごく良かった。(*^-^*)








(C) 沙村広明/講談社 (C) 2017映画「無限の住人」製作委員会
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年4月29日
上映時間:2時間21分
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎 / 東映京都撮影所
製作:映画「無限の住人」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
カラー/シネスコ


スタッフ
原作: 沙村広明
監督: 三池崇史
脚本: 大石哲也
音楽: 遠藤浩二
主題歌: MIYAVI
製作: 高橋雅美 / 亀山慶二 / 吉羽治 / ピーター・ワトソン / 鄭泰成 / 奥野敏聡 / 大川ナオ / 荒波修
エグゼクティブプロデューサー: 小岩井宏悦
プロデューサー: 坂美佐子 / 前田茂司 / ジェレミー・トーマス
撮影: 北信康
照明: 渡部嘉
録音: 中村淳
美術: 松宮敏之
装飾: 極並浩史
編集: 山下健治
キャスティング: 杉野剛
キャラクタースーパーバイザー: 前田勇弥
音響効果: 勝俣まさとし
殺陣: 辻井啓伺 / 出口正義
VFXスーパーバイザー: 太田垣香織
画コンテ: 相馬宏充
書: 岡本美香
ラインプロデューサー: 今井朝幸 / 善田真也
助監督: 倉橋龍介
制作担当: 青木智紀

キャスト
万次: 木村拓哉
浅野凜: 杉咲花
天津影久: 福士蒼汰
尸良: 市原隼人
乙橘槇絵: 戸田恵梨香
黒衣鯖人: 北村一輝
百琳: 栗山千明
凶戴斗: 満島真之介
司戸菱安: 金子賢
八百比丘尼: 山本陽子
閑馬永空: 市川海老蔵
吐鉤群: 田中泯
伊羽研水: 山崎努






よろしければ、クリックお願い致します♪
 








"『無限の住人』('17初鑑賞43・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント