『哭声/コクソン』('17初鑑賞27・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
3月28日(火) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:30の回を鑑賞。字幕版。


見どころ:
『アシュラ』などのクァク・ドウォンが主演を飾り、『チェイサー』『哀しき獣』などのナ・ホンジン監督と組んで放つ異色サスペンス。
とある田舎の村に一人のよそ者が出現したのをきっかけに凶悪な殺人事件が頻発し、人々が混沌の中に突き落とされるさまを描く。

『華麗なるリベンジ』などのファン・ジョンミンをはじめ、日本からベテラン國村隼が参加。

あらすじ:
警察官ジョング(クァク・ドウォン)が妻と娘と暮らす平和な村に正体不明のよそ者(國村隼)が住み着いて以来、住人たちは彼のうわさをささやいていた。
やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。
犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。

(シネマトゥデイ)







ものすごいものを観たという感じ。

最初は、猟奇殺人にまつわるミステリーかと思いきや、パンデミック(感染)サスペンス、コメディー、悪魔祓いのオカルト、ゾンビもの、ホラーとジャンルがころころと変わる。


冒頭は、謎の日本人:國村準さんが、釣りをする場面。

この謎の日本人のせいで不可思議な事件が起こる・・・と村の住人は噂する。


ま、結局は毒キノコを使った健康食品のせいで、ありもしない幻覚をみて、皮膚が爛れたりするというオチなんですが、この日本人の正体が・・・やっぱり・・・


主人公の警官の娘に悪魔が憑りついた・・・ような状態になって、悪魔祓いの儀式が行われる場面のすごさ。
まるで、かなりハードなアクション・シーンを観ているかのような演出。


この娘役の子、すごく上手い!!


観ていくうちに、國村さんが本当は良いやつではないか?と思わせるセリフもあり、実際、すべてが村人の憶測で語られているので、誰一人として、決定的な証拠的場面がないので、観ている方も完全に五里霧中。


なにがなんだか、どうなってんだかわからん状況に追いやられます。


146分の長編ですが、先がどうなるのか、ことの顛末が知りたくて、スクリーンを凝視していました。
観終わったあと、ホントに疲れたけど面白いものを見せてもらったという充実感がありました。


國村さんは、全編、日本語でのセリフしかなく、韓国人の心の奥底にある日本人に対する猜疑心が、やっぱりあるんだなーと、感じた次第です。


まぁ、だから、日本人の姿で現れたんでしょうね。







(C) 2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION
英題:THE WAILING
製作年:2016年
製作国:韓国
日本公開:2017年3月11日
上映時間:2時間36分
配給:クロックワークス
シネマスコープ/DCP5.1ch

スタッフ
脚本・監督: ナ・ホンジン
撮影: ホン・ギョンピョ
編集: キム・サンミン
プロダクションデザイン: イ・ウキョン
衣装デザイン: チェ・キョンファ
音楽: チャン・ヨンギュ / タルパラン

キャスト
警官ジョング: クァク・ドウォン
祈祷師イルグァン: ファン・ジョンミン
山の中の男: 國村隼
目撃者ムミョン: チョン・ウヒ




よろしければ、クリックお願い致します♪
 



チェイサー [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チェイサー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
哀しき獣 ディレクターズ・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2012-06-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 哀しき獣 ディレクターズ・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『哭声/コクソン』('17初鑑賞27・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント