2016年度 個人的映画BEST♪♪

大晦日の恒例行事、今年鑑賞した初見映画の総まとめです。
総計で114本
打ち分け:洋画63本、邦画51本
劇場鑑賞:90本 それ以外:24本


以上となります。そして星4個以上の作品を発表。(星5個は太文字)


ペコロスの母に会いに行く、 イコライザー、 アバウト・タイム~愛おしい時間について~、 天才スピヴィット、 ブリッジ・オブ・スパイ、 信長協奏曲、 ザ・ウォーク、 進撃の巨人 後編~自由の翼~、 さらば あぶない刑事、 オデッセイ、 X-ミッション、 ザ・ブリザード、 アーロと少年、 ちはやふる -上の句-、  バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生、 暗殺教室 ~卒業編~、 あやしい彼女、 怪しい彼女、 はじまりのうた、 20歳よ、もう一度、 ズートピア、 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ、 アイ アム ア ヒーロー、 追憶の森、 64 -ロクヨン- 前編、 殿、利息でござる!、 海よりもまだ深く、 ガールズ&パンツァー 劇場版、 神様メール、 マネーモンスター、 64 -ロクヨン- 後編、 アンダー・ザ・スキン 種の捕食、 天空の蜂、 おみおくりの作法、 凶悪、 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅、 TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ、 死霊館 エンフィールド事件、 ファインディング・ドリー、 エクス・マキナ、 ワンピース FILM GOLD、 ロスト・バケーション、 野火、 シン・ゴジラ、 ターザン:REBORN、 X-MEN:アポカリプス、 ペット、 ジャングル・ブック、 君の名は。、 駆け込み女と駆け出し男、 キング・オブ・エジプト、 スーサイド・スクワッド、 怒り、 聲の形、 オーバー・フェンス、 ハドソン川の奇跡、 ジェイソン・ボーン、 湯を沸かすほどの熱い愛、 ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期、 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK、 この世界の片隅に、 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅、 ぼくは明日、昨日のきみとデートする、 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー、 ポッピンQ



それでは、本年の個人的BEST MOVIE発表です♪


洋画部門・・・


第1位 ズートピア



第2位 アーロと少年



第3位 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー



第4位 ザ・ウォーク



第5位 エクス・マキナ



第6位 キング・オブ・エジプト

第7位 ペット

第8位 ジャングル・ブック

第9位 神様メール

第10位 死霊館 エンフィールド事件




邦画部門・・・



第1位 この世界の片隅に



第2位 君の名は。



第3位 シン・ゴジラ



第4位 ちはやふる -上の句-



第5位 アイアムアヒーロー



第6位 あやしい彼女

第7位 殿、利息でござる!

第8位 64(ロクヨン) 前編

第9位 ぼくは明日、昨日のきみとデートする

第10位 湯を沸かすほどの熱い愛




総評:

洋画、邦画ともに、アニメ作品が上位を占める結果となりました。
今年は特に邦画が良作に恵まれて、新記録を樹立する作品が多くて、いち映画ファンとしては嬉しい。
その反面、人気のある原作頼りの作品が多くて、オリジナリティに欠けるものが多いのも心配要素。
来年も少女漫画原作ものが多いようで、出てくる役者も似たような連中ばかり。日本映画界大丈夫か?

洋画もコミックス原作のスーパーヒーローものが数多く、また、ハリウッド作品の中国資本への露骨なヨイショが目立つものが多く(中国人も飽きてきてるらしい)、果たしてどうなるか、注視していきたいところですねぇ。


最後に個人的ラジー賞は・・・・テラフォーマーズとインデペンデンス・デイ:リサージェンスの2本に決定。





よろしければ、クリックお願い致します♪



2015年のBEST MOVIE
2014年のBEST MOVIE
2013年のBEST MOVIE
2012年のBEST MOVIE
2011年のBEST MOVIE
2010年のBEST MOVIE
2009年のBEST MOVIE
2008年のBEST MOVIE
2007年のBEST MOVIE
2006年のBEST MOVIE
2005年のBEST MOVIE
2004年のBEST MOVIE

"2016年度 個人的映画BEST♪♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント