『ペット』('16初鑑賞77・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
8月12日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:05の回を鑑賞。 2D:吹き替え版。


チェック:
世界中でヒットを記録した『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズが作り上げた、ペットたちの知られざる世界に迫るアニメ。
人間たちの留守中に犬や猫や小鳥といったペットたちが、どのように過ごしているのかをユーモアたっぷりに映す。

『ロラックスおじさんの秘密の種』に携ったクリス・ルノーとヤーロウ・チェイニーが監督を担当。
飼い主たちが知らないペットたちのキュートな姿に笑いがこみ上げる。

ストーリー:
犬のマックスは、ニューヨークで大好きな飼い主のケイティと最高のハッピーライフを送っていた。
ところが、ケイティが大型犬デュークを新たに連れてきたことから、マックスの生活環境はガラリと変化する。
マックスとデュークが何とか自分が優位に立とうと頑張っていたある日、ひょんなことから彼らは迷子になってしまい……。

(シネマトゥデイ)







お話としては、ペット版の『トイ・ストーリー』


でもトイ・ストーリー(1作目)の頃とは、各段にCG技術も進歩して、動物たちの毛並みのフワフワ・モフモフ感の気持ちいいこと。


舞台となっている晩秋のニューヨークの景色もとても美しいです。
 (個人的にこの季節のニューヨークって、すごく絵になるので大好きだったりする。)


映画館内、子供たちはもちろん、意外と年配同士の方もちらほら。
動物の愛らしい姿を観ていると、癒されるのかしらね。


映画を観た後は、ペットを飼っている方は、一刻も早くペットに会いたくなるでしょうし、飼っていない方は飼いたくなるでしょうね。 


ただし、ペットを飼うときは、その子の最期までしっかり見届けることを覚悟して責任もって飼ってほしい。


映画では、そこまでシリアスなところまでは描いていませんが(あくまでも、エンターテインメントなので) 大人だったら、ウサギのスノーボールたちがなんであんなことしてるのか、想像できるはず。



まぁでも、家族で楽しく観るには最適な作品ですね。



同時上映の短編のミニオンズのハチャメチャぶりも、楽しませてくれます♪






(C) Universal Studios.
英題:THE SECRET LIFE OF PETS
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年8月11日
上映時間:1時間31分
配給:東宝東和
製作会社:イルミネーション・エンターテインメント
カラー/ビスタ

スタッフ
製作: クリス・メレダンドリ / ジャネット・ヒーリー
監督: クリス・ルノー / ヤーロウ・チェイニー
脚本: ブライアン・リンチ / シンコ・ポール / ケン・ドーリオ

キャスト
(声の出演)
レイク・ベル
ケイティ: エリー・ケンパー
スノーボール: ケヴィン・ハート
ギジェット: ジェニー・スレイト
スティーヴ・クーガン
マックス: ルイス・C・K
デューク: エリック・ストーンストリート
アルバート・ブルックス
ボビー・モナハン
ダナ・カーヴィ
(日本語吹き替え版)
マックス: 設楽統
デューク: 日村勇紀
ケイティ: 佐藤栞里
ギジェット: 沢城みゆき
ポップス: 銀河万丈
オゾン: 山寺宏一
スノーボール: 中尾隆聖
タイベリアス: 宮野真守
ノーマン: 梶裕貴
クロエ: 永作博美





よろしければ、クリックお願い致します♪
 





"『ペット』('16初鑑賞77・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント