真田丸 第14回「大坂」




大河ドラマ『真田丸』のお時間です。
第14回「大坂」 あらすじ・・・・・・





今回より、大坂編突入♪


と、その前に・・・ 前回、梅ちゃんを失ったことでそのショックから未だ立ち直れない信繁くん。
そりゃそうですわな。 そんな簡単には立ち直れませんって。


きりちゃんは、梅ちゃんの忘れ形見を育てようと必死になってますが、どうやっても泣き止まなくて、あっさり降参。
けっきょく、梅のお兄ちゃんが育てることになりましたとさ。


秀吉の同行が気になる家康。 石川数正が裏切ったことでさらにびびりまくり。
このヘタレ具合が笑えます。 そんなときに マグニチュード7の大地震が起きて、近畿地方大騒ぎで秀吉が家康を襲ってくることはなくなったそうな。


後、秀吉は各地の大名に大坂まで来いとの指令。


上杉景勝さん、悩みつつも来阪。


石田三成や加藤清正、そして、どうみても「娘」には見えない茶々。 
天真爛漫な雰囲気は良いですね~。


・・・と、なんやかんやと 盛りだくさんな回です。 やっぱ三谷さんの脚本は密度が高いですねー。
(*^-^*)





よろしければ、クリックお願い致します♪
 





バイオリン 大河ドラマ 真田丸メインテーマ
ヤマハミュージックメディア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バイオリン 大河ドラマ 真田丸メインテーマ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"真田丸 第14回「大坂」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント