花燃ゆ 第5回「志の果て」




大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。
第5回「志の果て」 あらすじ・・・・・・・・






今回のメインは、寅次郎を師と仰ぐ金子重輔の母と文の交流。
文さんは、金子の母に 自分が寅次郎の妹だとは言い出せない。


それと共に、寅次郎の牢獄での生活と、桂小五郎と西郷吉之助と井伊直助の登場。
本田博太郎が出てると、東映の映画を観ているような気分になります。


前回の最後の最後で、牢獄から女性の手が見えたけど、このことについては全然描かれなくて
結局なんやったんやろ?・・・と思ったら、またまた最後に女囚の井川遥登場。

前回のラストで手を見せる必要あったのかね?


クライマックスは野山獄で、文さんが、兄:寅次郎に思いのたけをぶつける場面。
苦悩する寅次郎さんでした。


しかし、5回目にしてこのペースで大丈夫かな?

『八重の桜』のときは会津戦争中はものすごい時間さいて、後半が超スピード展開でしたが、今回もバランス悪い進行になるのでしょうか。





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 




花燃ゆ 一
NHK出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"花燃ゆ 第5回「志の果て」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント