花燃ゆ 第1回「人むすぶ妹」




今年も始まりました。大河ドラマのお時間です。(^^;

2015年(平成27年)のお話は・・・時は幕末、場所は長州(山口)、主人公は松下村塾を開いた吉田松陰・・・の妹、杉文(すぎ ふみ)さんです。・・・って、誰やねん。


ちなみに来年は『真田丸』で真田幸村が主役・・・・そろそろ、ええかげん、戦国時代と幕末以外の時代を観て観たいと思うんですが、今年一年、観ていきたいと思います。


あらすじ・・・・






オープニングは例によって、メインキャラの顔見せ。
そのあと、メインテーマ曲。 『新選組!』以来の歌詞付きのオープニングでした。
なにを歌っているのかは解らない。


文の子ども時代に戻ります。
ナレーションは”シャア・アズナブル”


大河にしても朝ドラにしても、いつも思うことだが、子役の人選が実に上手いですよね。
今作でも子供時代の文を演じる山田萌々香がホントに可愛くて、井上真央に雰囲気が似ている。


追記: 
翌日の「おはよう朝日」を観て思い出したのだが、文のお姉ちゃん役が野々村まことの娘だったのね。
前にTVで観たことあったわ。(^^;









杉家っていうのは、叔父さんが実権をにぎっているようで、やたら暴力的。演じるのは奥田瑛二。

今回は、吉田寅次郎(のちの松陰)とJIN・・・じゃなくて小田村伊之助が出会う部分がメイン。


禁書となっている書物を巡ってのひと騒動。


「なんのために学ぶのか?」・・・このあたりの演説は聞き入ってしまいました。
この二人を合わせたのが文ちゃん、ってことで、なんとなく都合よく歴史的事件に絡めていくんちゃうかな~という『江』の時のような不安もなきにしもあらず。


まぁ、しかしながら、伊之助に 「独りじゃないよ」 という文ちゃんにちょっと心動かされました。


この第一回は、思ったよりも良く出来てたなぁという印象。
川井憲次さんの音楽も、良い感じ。


とりあえず、これから観ていこうと思える出だしでした。





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 







花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2014-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"花燃ゆ 第1回「人むすぶ妹」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント