『人生に乾杯!』('14初鑑賞1・WOWOW)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
1月1日(水・祝) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
幸せをつかみ取るために強盗となった老人とその妻の逃避行を描き、本国ハンガリーで熱い支持を集めたハートウォーミング・ストーリー。
年金だけでは暮らしていけず、借金取りに追われる毎日となった老夫婦が、高齢者に冷たい世間に怒りを覚えて次々と強盗を重ねていく。

出演は『反恋愛主義』のユーディト・シェルら。ハンガリーの現状に疑問を投げかけ、解決すべき社会問題を浮き彫りにしながら、心温まる展開で魅せる珠玉の一作。

あらすじ:
運命的な出会いを経て結婚し、今や81歳となったエミル(エミル・ケレシュ)と70歳のヘディ(テリ・フェルディ)の老夫婦。
恋に落ちていた頃のことなどすっかり忘れた二人は、年金だけでは暮らしていけず、借金取りに追われる毎日の中、出会いのきっかけだった思い出のダイヤのイヤリングも借金のカタに取られてしまう。

(シネマトゥデイ)








2014年、あけましておめでとうございます。
本年1本目の映画は、2007年のハンガリー映画。WOWOWからの録画で初鑑賞です。


車に乗って、風にあたっているヘディの表情が可愛らしくていいですね。


何処の国でも、歳をとって年金生活って、苦しい状況なんですね。
郵便局・銀行強盗をおっぱじめるっていうのは、映画らしい創作なんですが
いまいち、そこに至る説得力がなく、なんだか現実味のないファンタジーになってしまっています。


作り手は、年金生活者の苦悩とか社会情勢の不平等さとかも織り込んでるつもりのようですが
空回りしている印象を受けました。


ラストの老夫婦の行動も、様々な映画で観てきた展開なので、たいして驚きもなく
淡々と流れて行った印象です。


良いところは、老夫婦を演じるお二人が、人間的な可愛らしさを感じたこと。
この俳優さんの出演作品を他にも観てみたいと思いました。








2007年/ハンガリー/107分/ビスタ/
監督:ガーボル・ロホニ/脚本:バラージュ・ロヴァシュ 、ジョルト・ポジュガイ/
出演:エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ、ユーディト・シェル、ゾルターン・シュミエド/



 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



人生に乾杯! [DVD]
東宝
2010-04-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人生に乾杯! [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『人生に乾杯!』('14初鑑賞1・WOWOW)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント