八重の桜 第34回「帰ってきた男」




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


1875(明治8)年、アメリカ留学から新島襄(オダギリジョー)が帰国。
覚馬(西島秀俊)や槇村正直(髙嶋政宏)の援助を受け、京都に英学校をつくるため動き出す。

そのころ八重(綾瀬はるか)は、覚馬に促されて耶蘇教(キリスト教)の勉強を始めていた。
宣教師の家を訪れていた八重は、偶然襄と出会う。

八重が「女紅場」で働いていることを知った襄は、見学がしたいと願い出る。
いきなり押しかけてきた襄に、戸惑う八重。

一方、会津戦争後にアメリカへ留学をしていた山川健次郎(勝地涼)は、5年間の留学を経て、日本に帰ってきていた。
兄・浩(玉山鉄二)や佐川官兵衛(中村獅童)らも健次郎との再会を喜ぶ。


ある日、八重が井戸の上で裁縫をしていると、襄がその横を通りかかる。
八重の行動に驚きながらも、幾度か言葉を交わしていくうちに、日本人離れした彼女の独創性に心奪われていく。

そして、自分の思いを抑えられなくなった襄は、八重にプロポーズする。

(公式ホームページより)





オープニング映像がリニューアル。


やっと本格的に新島襄(オダギリジョー)の出番がやってきました。
これからの展開に期待したいですね。


明治維新から8年で、服装や家の雰囲気が大きく様変わり。
8年前まで丁髷してた連中が、西洋の髪、服装になっているのが、不思議な感じですね。


同志社大学って、クリスチャン系の大学やったんやねぇ。知りませんでした。


襄さん、いきなりプロポーズしてますけど、どないなるんやろね。
この時代の描写は、観ててすごく新鮮ですね。(^-^)




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪







NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II
commmons
2013-07-31
坂本龍一 | 中島ノブユキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"八重の桜 第34回「帰ってきた男」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント