『華麗なるギャツビー(2012)』('13初鑑賞52・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
6月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。


解説:
数々の名作を世に送り出した作家F・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」を実写化したドラマ。
快楽的な生活を送る謎の富豪ギャツビーの意外な正体を、ある女性との恋を絡めながら映す。

レオナルド・ディカプリオが、人並み外れた容姿と富を兼ね備えたギャツビーをクールに演じる。
『マイ・ブラザー』のトビー・マグワイアやキャリー・マリガンらが共演。『ムーラン・ルージュ』などのバズ・ラーマン監督ならではの絢爛(けんらん)を極めたビジュアルも見ものだ。


あらすじ:
ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。
ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる。
どこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、なぜパーティーを開催し続けるのか、日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。

やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、戦争でさまざまな勲章を受けたことなどを明かされるが、ニックはこの話に疑念を持つ。

(シネマトゥデイ)









原作は未読。過去の映画化作品はTVの洋画劇場等で断片的に観た記憶がある程度。
今回は、お気に入りのバズ・ラーマン監督作品ってことで、期待して観に行きました。


『グレート・ギャツビー』に触れるのは今作がほぼ初めてなので、この後、過去の映画化作品を鑑賞したり、原作を読むと、大きく印象&感想が変わるとは思いますが、素直に今作を観た感想でございます。


1920年代を意識したラーマン監督らしい洒落たオープニングからはじまり、ニック・キャラウェイの独白という形で進行。このあたり『ムーラン・ルージュ!』に良く似てる。


20年代のニューヨークの風景は、デジタル技術の賜物であるけども、どことなく、おもちゃっぽい・箱庭っぽい雰囲気。こういう映像の雰囲気が個人的にツボなのです。(*^^*)


ギャツビーが登場するまでが、けっこう長いんですよねぇ。
お城のようなギャツビー邸で繰り広げられるパーティー。 これまたラーマン監督お得意の豪華絢爛、色彩と音楽の洪水。・・・そして、下品。(^^; これも監督の特徴ですね。

衣装は20年代のものを現代的にアレンジした、プラダなどの一流ブランド。
音楽は当時のジャズ:ガーシュウィンの”ラプソディー・イン・ブルー”をアレンジしたものが流れてましたが、基本的に、現代の音楽を使っています。

なので、一種のファンタジーと捉えたほうが良いかも。



『グレート・ギャツビー』のあまり深いところまでは解りませんが・・・。

ラストの展開について、キャラウェイはギャツビーのことをなぜ ”THE GREAT”と称したのか。
この部分ですよねぇ。

不倫や恋愛を扱った物語なんですけども、友情の物語でもあったのかなぁ・・・と。
ギャツビーの最期、ほんの一瞬でも幸せなワクワクする瞬間をギャツビーに与えたのは他ならぬキャラウェイなわけで、ギャツビーもキャラウェイには、自分の過去をさらけ出して語ったりしてる。


お互いに信頼し尊敬しあっている。


やはり、良い友達を持たねばならないなぁ~と思ったのでした。



レオナルド・ディカプリオにトビー・マグワイア、両者とも演技力は抜群です。
ますます磨きがかかっているように思います。

女性陣では、ヒロイン:デイジー役のキャリー・マリガン、そのビジュアルにほれぼれです♪
ポスター買って部屋に貼りたい。(*^^*)


あとで気づいて意外だったのは、アイラ・フィッシャーがぜんぜん今までとはイメージの違う役柄で登場してたんですよねぇ! さすがに女優さんですねぇ!



この作品、Blu-rayが出たら迷わず買いの作品でした♪(*^^*)







2012年/アメリカ/142分/シネスコ/
監督・脚本:バズ・ラーマン/原作:F・スコット・フィッツジェラルド/音楽:クレイグ・アームストロング/
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー/




 ← クリックお願いします♪



ムーラン・ルージュ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ムーラン・ルージュ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『華麗なるギャツビー(2012)』('13初鑑賞52・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント