『007/スカイフォール』('12初鑑賞94・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
12月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 17:15の回を鑑賞。


解説:
007のコードネームを持つイギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員、ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイ・アクションのシリーズ第23弾。
上司Mとの信頼が揺らぐ事態が発生する中、世界的ネットワークを誇る悪の犯罪組織とボンドが壮絶な戦いを繰り広げる。

『007/カジノ・ロワイヤル』からボンドを演じるダニエル・クレイグが続投。監督に『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス、共演には『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『シンドラーのリスト』のレイフ・ファインズら、そうそうたるメンバーが結集。
イスタンブールをはじめ世界各地でロケが行われた美しい映像も見もの。


あらすじ:
MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。

その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、敵を追跡するボンドだったが……。

(シネマトゥデイ)







映画の感想記事を書くペースが、やっと元の状態に戻りつつあります。
これからは、もうちょっと、まともな感想記事が書けると思います。(^^;;


さて、007シリーズ最新作『スカイフォール』の登場。
ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンド作品では、最初の『カジノロワイヤル』が一番好きですが、続く『慰めの報酬』の評判は芳しくなく、リーマン・ショックなどで映画製作にも赤信号が出る中、製作費を削りながらも、やっと完成した本作。


トルコのイスタンブール、中国の上海、そして、長崎県の軍艦島(映画では中国の孤島という設定)がロケ地に選ばれております。

そのほかは、イギリス(ロンドン、スコットランド)での展開が主です。

一番派手なアクション・シーンが冒頭 アデルが歌う「スカイフォール」が流れる前の15分だけ。
あとは少々地味な展開が続き、クライマックスも、ここ最近の007作品からすると、小粒といいますか、やはり地味な展開(派手な爆破シーンはありますが)となり、ピアース・ブロスナン世代の方がみると、不満が多いんちゃうかなぁと思います。


しかし、個人的には、すごく満足のいく、実に映画らしい映画だと思っております。


会話のシーンのテンポはゆるやかに流れ、最近の映画のテンポは少々早すぎると思いました。


今回の主役は「M」。
ボンドたちは、Mからの命令に「Yes, Mom」と答えます。
まんま、ボンドのお母さん的立場のMです。


今回から「Q」も登場。そして最後は新しい「M」ともうひとり007シリーズには欠かせない人物が登場。「マネーペニー」、そうでしたか、あなたがマネーペニーだったんですね♪・・・みたいな。(^^;


敵はシルヴァー。 やっぱり色の名前でしたね。(^^;
ホワイト、グリーンとつづいてシルヴァー。次回は何色ですかね。



109シネマズHAT神戸も全てDLP(フィルムを使わないデジタル上映)に変わりました。
今作では上海の夜景とそのシークエンスの場面の美しいこと。デジタルならではの映像でした。


・・・ダニエル・クレイグ ボンドはあと2作製作されるそうですが、次作はどういう展開になるのか、すごく楽しみですね♪


慰めの報酬の感想
カジノロワイヤルの感想




 ← クリックお願いします♪






2012年/イギリス、アメリカ/143分/シネスコ/
監督:サム・メンデス/音楽:トーマス・ニューマン/
出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ジュディ・デンチ/



カジノ・ロワイヤル [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カジノ・ロワイヤル [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
007/慰めの報酬 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/慰めの報酬 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『007/スカイフォール』('12初鑑賞94・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント