『アベンジャーズ』('12初鑑賞82・劇場)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
8月14日(水) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:00の回(3D・吹替え版)を鑑賞。


解説:
アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。

最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見ものだ。


あらすじ:
人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。
それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。

しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

(シネマトゥデイ)









楽しませて頂きました♪(*^^*)
たしかに、娯楽映画らしい娯楽映画ですよね。細かいこと考えずに、楽しんだもの勝ち。


でも気になる部分はありまして、なんでビスタ・サイズなん?
これまでの『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』シリーズ『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』みーんな シネスコ・サイズなのに、集大成がビスタって、気に入らんわ。


あと、ハルクがなんで、エドワード・ノートンじゃないの?
まぁ、大人の事情ってやつでしょうけども。(^^;


あと、(不満ばっかりですが(^^;) クライマックスの戦闘シーンが『トランスフォーマー3』と映像のイメージが被っているところ。

作り手の映像の創造性まで、乏しくなってきているのかと心配です。



と不満を先に述べましたが、映画を観てるうちは、スクリーンにのめり込んでいました。
人間ドラマ部分も(意外と)ちゃんと描いておりますので、前半は若干退屈に感じられる方もおられると思われまする。でもクライマックスは燃えます。


アラン・スルヴェストリ担当の音楽も、ヒーローものらしく、燃えるテーマ曲です♪


エンターテインメントとしては最高峰だと思います♪(^-^)
(3Dはあんまり意味なし。それと字幕版で観たかった・・・)







2012年/アメリカ/144分/ビスタ/
監督・脚本:ジョス・ウェドン/
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、ステラン・スカルスガルド、コビー・スマルダーズ、グウィネス・パルトロー、サミュエル・L・ジャクソン/




 ← クリックお願いします♪



Avengers Assemble
Hollywood Records
2012-05-01
Soundtrack

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Avengers Assemble の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『アベンジャーズ』('12初鑑賞82・劇場)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント