2011年度 個人的映画BEST! (^-^)

毎年恒例 個人的BEST MOVIE を決める時期がやってまいりました。
今年2011年はどの作品がBESTになるのか、これを打ち込んでいる時点でも
まだ決まっておりません。(^^;;


今年の初鑑賞作品は、計 179本
うち、劇場鑑賞作品は、 98本 (あと2本で100本・・・惜しい!!)
WOWOやBlu-rayでの鑑賞が、81本  ・・・となりました。


それでは、☆4つ以上の作品をご紹介。 あくまでも個人的趣味による採点です。(^^;


マイマイ新子と千年の魔法、 旅するジーンズと19歳の旅立ち、 アンストッパブル、 フレフレ少女、 ハーモニー 心をつなぐ歌、 キック・アス、 あしたのジョー、 毎日かあさん、 ヒア アフター、 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-、 モンテーニュ通りのカフェ、 ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島、 悪魔を見た、 英国王のスピーチ、 塔の上のラプンツェル、 劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~、 ザ・ライト-エクソシストの真実-、 阪急電車 片道15分の奇跡、 孫文の義士団、 アメイジング・グレイス、 ブラック・スワン、 9〈ナイン〉~9番目の奇妙な人形~、 手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-、 アイガー北壁、 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら、 ねこタクシー、 X-MEN:ファースト・ジェネレーション、 127時間、 マイティ・ソー、 ハリー・ポッターと死の秘宝PART2、 コクリコ坂から、 ちいさな哲学者たち、 黄色い星の子供たち、 海洋天堂、 フィッシュストーリー、 モールス、 海角七号/君想う、国境の南、 怪盗グルーの月泥棒、 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!、 アジョシ、 ローラーガールズ・ダイアリー、 モテキ、 ワイルド・スピード MEGA MAX、 乱、 はやぶさ/HAYABUSA、 猿の惑星:創世記(ジェネシス)、 ぼくのエリ 200歳の少女、 イリュージョニスト、 プチ・ニコラ、 ステキな金縛り、 ミッション:ミニッツ、 サラリーマンNEO劇場版(笑)、 インモータルズ-神々の戦い-、 RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語、 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密、 けいおん!、 50/50 フィフティ・フィフティ、 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル、 リアル・スティール、 ニューイヤーズ・イブ


計60本。



それでは、発表を始めます♪(^-^)


[作品賞投票ルール(抄)]

・選出作品は5本以上10本まで
・持ち点合計は30点
・1作品に投票できる最大は10点まで



まずは、日本映画部門から。













作品賞

1. 阪急電車 片道15分の奇跡    (7点)

2. モテキ  (6点)

3. あしたのジョー  (5点)

4. サラリーマンNEO劇場版(笑)  (4点)

5. 一命 (3点)

6. けいおん! (2点)

7. ステキな金縛り (2点)

8. コクリコ坂から (1点)





つづいて、洋画部門











作品賞

1. 猿の惑星:創世記(ジェネシス) (7点)

2. X-MEN:ファースト・ジェネレーション  (6点)

3. ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル (5点)

4. 海洋天堂 (4点)

5. 英国王のスピーチ (3点) 

6. 悪魔を見た (2点)

7. モールス (1点)

7. ハーモニー 心をつなぐ歌 (1点)

7. アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (1点)




以上といたします。(^-^)



今年は、決めるのが難しかった。(^^;


実を言うと、BEST1 の作品は決められないんですよねぇ。
秀作揃いではありましたが、いま一つ突き抜けていない作品ばかりで、こういう状況が一番
難しい。


日本映画においては、劇場鑑賞時から『阪急電車』推しでしたが・・・(地元民ということもあり・・・)
コメディ作品に秀作が多いのが良かった。 反対に、作り手の自己満足で終わっている作品も
いくつかあって、作り手の意識改革が大いに必要ちゃうかと思うことも多かった。


洋画においては、ハリウッド作品はシリーズもの&リメイクものが多勢となり、そういう意味では
ハリウッドも大丈夫か?と本気で心配してしまいます。

でもエンターテイメント作品として、『X-MEN』『猿の惑星』『ミッション:インポッシブル』の最新作
は、心底満足のいく出来栄えで、ハリウッドのエンタメ精神を垣間見た気がしました。




そして、個人的ゴールデン・ラズベリー賞は・・・

劇場鑑賞作は ロシアン・ルーレット
WOWOW鑑賞作は ジェニファーズ・ボディ

に決定。(^^;;





今年は不幸なことが多かった年でした。
・・・でも、「大悪来れば、大善来る」という言葉通り、来る2012年は、幸せに満ち溢れた年と
していきたいと思います。


本年も、BLOGやツイッターにお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。(^-^)





 ← クリックお願いします♪



ちなみに・・・

2010年のBEST MOVIE
2009年のBEST MOVIE
2008年のBEST MOVIE
2007年のBEST MOVIE
2006年のBEST MOVIE
2005年のBEST MOVIE
2004年のBEST MOVIE




"2011年度 個人的映画BEST! (^-^)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント