『ツレがうつになりまして。』 ('11初鑑賞135・劇場)




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。


解説:
夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に
成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清が映画化。

大河ドラマ「篤姫」でも夫婦を演じた宮崎あおいと堺雅人が、互いを思いやろうとする
主人公夫婦を絶妙なコンビネーションで演じている。
シリアスな題材でありながら、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作。


あらすじ:
仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、
心因性うつ病だと診断される。

結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、
妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。
(シネマトゥデイ)








劇場内は、わりと年配の方が多かったですね。
やっぱ、『篤姫』のコンビが出演してるってことで、夫婦で見に来てるようです。


「うつ」をテーマにしたコミック・エッセイを原作にした今作。
ナイナイの岡村が療養中にこのコミックを読んでたみたいですね。


作品自体は、全体的にかなりゆったりと、地味に、淡々と描いております。
これを観る前に『猿の惑星:創世記』を観てたので、このギャップの差に少々戸惑いました。(^^;


テーマがテーマだけに、こういう描き方になるのは仕方ない・・・のか?
個人的には、映画作品としてもっとテンポよく、もっとコメディタッチでも良いのでは?


このあたりに、日本人の妙な遠慮深さが感じられて、ちょっと残念な気がした。
アメリカ映画だったら、思いっきり笑わせて、ほろっとさせて、深く考えさせてくれる
良作を作るんやろなぁと思う。





私の周りにも、「うつ」で苦しんでる人がたくさんいて、実際にその状況を目の当たりに
してきました。


ほんとに当たり前のようにリスト・カットしたり、ふつうに首を吊ろうとする現場に遭遇した
こともあり、重いウツ症状の大変さを感じてきたひとりです。


ただ自分がうつになったことはないので、当の本人の苦しさは想像するしかありません。



この作品で、「ツレ」が恵まれていたことは、「ハル」さんという奥さんがいたこと。
彼女の根本的な人としての強さが、「ツレ」の支えになっていた。


「ツレ」のうつのおかげで、「ハル」さんも強くなれた。
「ツレ」が言います。

 「病気になった”原因”を考えるのではなく、病気になった”意味”を考えるようになった」



そして、結婚式をあげた教会での場面


 「健やかなるときも、病めるときも・・・」


これぞ本当の夫婦の姿なんやろなぁ~と思いました。
この場面で思わず涙。



映画では振り子のように、良くなったり悪くなったりを繰りかえして、ゆっくりと回復していく。
三寒四温ともいいますよね。





宮崎あおい の空気感は心地よいなぁ。(*^^*)


イグ(ペットのイグアナ)になりたい・・・と嘆くツレに、ハルさんがツレの手を自分の胸に
触らせて、「イグ(冷血動物)になったら、こんなにあったかくないんだぞ!」と言う場面が好き♪


「がんばらないぞ!」





堺雅人と宮崎あおいの絶妙なコンビネーション。
演出的には多少不満は残るが、観といたほうがいい良作だと思います。(^-^)









2011年/日本/東映/121分/ビスタ/
監督:佐々部清/脚本:青島武/原作:細川貂々/
出演:宮崎あおい、堺雅人、吹越満、田山涼成、大杉漣、余貴美子/




 ← クリックお願いします♪



 
 
 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
7年目のツレがうつになりまして。
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 7年目のツレがうつになりまして。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『ツレがうつになりまして。』 ('11初鑑賞135・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント