江~姫たちの戦国~ 第26回「母になる時」




『江』のお時間です。
あらすじ・・・・


江(上野樹里)は秀勝(AKIRA)と結婚し、京の聚楽第に居を移す。
愛する人の妻として生きる、喜びあふれる日々を送っていた。

2人は秀吉(岸谷五朗)の命で、関白となった兄・秀次(北村有起哉)を監視する
役目を負う。兄を心から慕う秀勝は、監視は無用であると考え、江にも兄のこと
を理解してほしいと秀次のもとへ連れていく。

そこで江は、文学好きで心優しい秀次の意外な一面を見て…。
(公式ホームページより)





今回も どえらいスピードで物事が変化しております。(^^;
秀勝を演じるAKIRA、わりと役がらに合ってるなぁ。
これが、演技力によるものかどうかは、解りませんが・・・


秀次と秀勝 兄弟のことを描いているのを観たのはめったに無いように思います。
けっこう新鮮な場面でありました。


朝鮮での秀勝は かっこ良く見せすぎやな・・・と思います。
実際どうやったんでしょうね。


AKIRAの出番は来週で終わりのようですね。


秀勝の死を知ったタイミングで、出産・・・というのも、いかにもメロドラマといった感じですね。
母になった江=上野樹里の 大人の演技を次回から期待したいですね。


まぁ、そのまえに、脚本をもうちょっとどないかしてほしいんやけど。


あ、大河よりも、来週からはじまる『テンペスト』のほうが、めっちゃおもろそうなんですけども!!
Gacktの辮髪姿、めっちゃインパクトありますねぇ!!(^-^)






 ← クリックお願いします♪






テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-08-25
池上 永一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"江~姫たちの戦国~ 第26回「母になる時」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント