江~姫たちの戦国~ 第20回「茶々の恋」




歴史歪曲・脚本家の趣味の世界でやりたい放題ドラマ 『江』のお時間です。
あらすじ・・・・


江(上野樹里)のもとに、のろけばかりがつづられた初(水川あさみ)の文が届く。
江はあきれるが、何より茶々(宮沢りえ)のことが気がかりだった。

一方、秀吉(岸谷五朗)は茶々から完全に拒絶されたと思い、落ち込んでいた。
思いが届かぬ茶々の近くにいるのはつらいと、京の聚楽第に住まいを移すことに。


秀吉が京に移ったことを江は喜ぶが、茶々の様子はおかしく…。
(公式ホームページより)




大河ドラマをまともに観出したのが『太平記』からで、その後は見たり見んかったりを繰り返し
全話かかさず初めてみたのが『北条時宗』でした。


そのあと数年も見たり見んかったりして、『新選組!』を全話かかさず鑑賞し、終わりのほうで
BLOGをはじめて、翌年の『義経』から、毎回BLOGに感想をUPするようになって・・・

『義経』⇒『功名が辻』⇒『風林火山』⇒『篤姫』⇒『天地人』⇒『龍馬伝』・・・と
6年間全話レビューを続けております。


歴史があって格調高い”大河ドラマ”ですが、人間のつくるものですから、過去6年間でも
「なんじゃこりゃ?」と正直に思ってしまう回もいくつかありました。


それでも、ずーっと見続けてきたわけですが・・・・



今回ほど 酷いのははじめてです。 ほんまに観るのやめようかと思います。
時間のムダやと真剣に思えてきました。


なんですか、あの茶々のセリフは!!!!!
安っぽい恋愛ドラマにしてどないすんねん!!!!!!








 ← クリックお願いします♪

















JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)
集英社
村上 もとか

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"江~姫たちの戦国~ 第20回「茶々の恋」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント