龍馬伝 第39回「馬関の奇跡」




『龍馬伝』のお時間です。
あらすじ・・・・・・・・。


下関に到着した龍馬(福山雅治)ら亀山社中は、長州軍に合流。
高杉(伊勢谷友介)率いる武士ではない者たちを集めて結成した奇兵隊と交流し、こういう人
たちのために新しい世の中を築かねばと確信する。しかし龍馬は高杉が労咳を病んでいること
を知り、イギリス行きをやめてこの戦に挑む高杉の覚悟を感じるのだった。


龍馬たちは海軍操練所仕込みの操船術で、夜半の奇襲作戦を行う。
小倉に上陸した高杉と奇兵隊は幕府軍に大勝利。
おりしも14代将軍・家茂(中村隼人)が死去したことで幕府は停戦に持ち込もうとする。
このことで長州は一気に武力で幕府を倒そうという機運が大きくなるが、龍馬は木戸(谷原章介)
に戦はこれきりにしてほしいと頼む。しかし、木戸はもはや武力討幕の道を選ぼうとしていた。


一方、長崎にやってきた弥太郎(香川照之)は土佐商会を開き、溝渕(ピエール瀧)を呼び寄せて
万次郎(トータス松本)を通訳にする。

グラバー(ティム・ウェラード)や大浦慶(余貴美子)に樟脳を売ろうとするが、皆に、土佐なら龍馬
を通して商売の話をしてくれと言われ、激怒する。




第4章開始。
明治の弥太郎は、グラバーを率いて、英雄のように描かれた龍馬の物語に激怒。
お母上も健在でしたね。

でも弥太郎は喀血。。。。


幕末に話が戻り、長州軍と共に戦う龍馬たちでありました。



今回は、弥太郎パートに比重が多め。
長崎で活躍しようとするも、龍馬に先手を打たれたかたちになり、終始不機嫌な弥太郎でした。


さて、メインの馬関ですが、なんかあっさり描かれておりましたね。

高杉晋作は戦場でも着流しに三味線。実際はどうだったのでしょうか?


龍馬暗殺まで1年。 どういう感じで描かれるのか、楽しみです。



映画感想50音別INDEX


 ← クリックお願いします♪







NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)
アミューズソフトエンタテインメント
2011-03-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






「龍馬伝」高杉晋作 マグカップL 73094
西海陶器

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「龍馬伝」高杉晋作 マグカップL 73094 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"龍馬伝 第39回「馬関の奇跡」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント