龍馬伝 第35回「薩長同盟ぜよ」




『龍馬伝』のお時間です。
あらすじ・・・・・・・


桂小五郎改め木戸貫治(谷原章介)が護衛にとつけた槍の達人・三吉慎蔵(筧利夫)とともに
京に向かう龍馬(福山雅治)は、大和屋に寄って徳(酒井若菜)に長次郎(大泉洋)の写真と
遺書を渡す。

京に着くと薩摩藩邸の周りに幕府方の隠密がいて、なかなか近付けない。
一橋慶喜(田中哲司)が出兵しない薩摩に疑念を抱き不穏な動きはないか探っていたのだ。

寺田屋に戻り、龍馬は慎蔵に薩長同盟にかける思いを話す。
お龍(真木よう子)の自分への想いを知った龍馬は、命の危険を冒して日本を変える仕事に
取り組んでいるから、もう会うことはないと告げる。


一方、木戸は薩摩藩邸で、龍馬が来なければ話を始めないと交渉を拒否。
西郷(高橋克実)は「なぜ龍馬なのか」と問う。木戸は龍馬こそ信じられる男だと答え、西郷も
納得する。

同じ頃、藩の命令で薩摩の動きを探ろうと京に来ていた弥太郎(香川照之)は龍馬と間違えられて
新選組に捕えられ拷問を受けていた。


お龍の働きで小松帯刀(滝藤賢一)邸に西郷と木戸が移ったことを知り、急ぎ向かう龍馬は、途中、
新選組から放り出された弥太郎を救う。
薩長を結びつける男として新選組や伏見奉行に追われ始めた龍馬だったが、ついに薩長の盟約を
結ぶことに成功する。










今回も面白く鑑賞させていただきました。(^-^)
ただ、弥太郎の部分は、はっきり言って必要無いと思いました。(^^;



弥太郎のあまりのヘタれぶりは、三菱の関係者が怒るのも無理はない。。。
ドラマとして、この描き方も疑問に思う。

今回の弥太郎さんを観て、嫌いになった人も多いんちゃう?



この部分以外は、面白かった。



薩長同盟の密約を交わす場面で、戦の決めごとだけでなく、その後の
新しい国家を築く部分にまで踏み込んで考えてる龍馬の先見性、
大いに見習う部分だと思いました。



さて来週は、もっとも有名な場面の登場。
NHK大河でどこまで、描いてくれるのか、興味津津であります。(^-^)



映画感想50音別INDEX


 ← クリックお願いします♪




NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-09-08
佐藤直紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"龍馬伝 第35回「薩長同盟ぜよ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント