龍馬伝 第15回「ふたりの京」




龍馬伝のお時間です。
簡単なあらすじ・・・・・・


龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた。京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。
武市半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷翔太)とともに京に入っていた。
武市は公家の尊王攘夷派・三条実美(池内万作)に拝謁し、徳川幕府に攘夷を実行させるために、
帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案する。

武市とともに京に入った平井収二郎(宮迫博之)は妹の加尾と久しぶりの対面をしていた。
収二郎は龍馬が武市を裏切り土佐藩を脱藩したことを加尾に教える。

岡田以蔵(佐藤健)は土佐勤王党のために、天誅と称し開国派の人々を暗殺していた。


龍馬が加尾を訪ねてくると、加尾は兄の忠告を破り龍馬と一夜を過ごす。

そのころ、土佐に戻った岩崎弥太郎(香川照之)は農民と同様の生活を送っていた。

京の龍馬は以蔵が殺人に手を染めていることに気づく。
龍馬と加尾、以蔵は、自分たちが時代の流れのなかで、かつてのような友だちのままではいられない
ことに気づく。龍馬は加尾に別れを告げ、江戸に向け旅立つ。




龍馬の人間的な器の大きさを感じずにはいられない回でした。
「ふたりの京」ということですが、龍馬と加尾、これで最後なのでしょうか。


龍馬と加尾のラブシーン(?)は、大河ドラマにしては、踏み込んだところまで描いて
いたように感じますね。


それにしても、武市さん、ますます暗黒面を突き進んでおります。
以蔵の武市に対する純真な思いを利用して、以蔵に邪魔者をつぎつぎと暗殺させていく。


ほんま最悪の人間になっております。



龍馬・加尾・以蔵の場面で、得意になって、暗殺したことを話そうとする以蔵を止めて
「人の道を外れるな」と諭す龍馬がじつに素敵でありました。


その後の、加尾との別れ、切ない場面でしたね。


ここで勝麟太郎の話が出てくるということは、話の流れからすると
このドラマでは、龍馬が勝を暗殺しに行くという展開はありえないですよね。


さ、いったいどういうふうに展開していくのか、次回が楽しみです。




ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪






IZO [DVD]
ケイエスエス
2004-12-22

ユーザレビュー:
失敗作三池監督の作品 ...
歌がかっこいい!けど ...
カオス映画おそらく日 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"龍馬伝 第15回「ふたりの京」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント