龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」




今回で第1部終了の龍馬伝のお時間です。
あらすじ・・・・・・


後藤象二郎(青木崇高)から龍馬(福山雅治)暗殺の命を受けた弥太郎(香川照之)は、龍馬のお茶に
毒を入れる。しかし、龍馬がお茶を飲む前に、弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのけ、命を救う。

龍馬は、武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺そうとしているのを知り、東洋に会いに行く。
東洋は真に土佐藩のためを考えているのは武市ではなく自分だと、龍馬に語る。龍馬は、東洋は武市が
思うような悪人ではないと悟る。

そのころ武市は、ひそかに東洋暗殺を実行するための刺客を集めていた。
勤王党の中には、何もできない武市と土佐藩に見切りをつけ、脱藩を考える者たちも出はじめていた。

沢村惣之丞(要潤)は龍馬にともに脱藩しようと持ちかける。

龍馬は再び武市を訪ね、東洋を殺すべきではないと武市を説得する。武市は龍馬の気持ちをくみ、東洋を
殺したりしないと、その場をとりつくろう。

龍馬の心の中には、土佐を飛び出し日本のためになることをしたいという気持ちがふつふつと
わき始めていた。龍馬の気持ちを知った乙女(寺島しのぶ)は龍馬に家伝の刀を渡す。その翌日、
龍馬の姿は坂本家から消えていた。

武市は那須信吾(天野義久)らに命じて、吉田東洋の暗殺を決行する。






なんぼ草々にいさん(by 『ちりとてちん』)からの命やゆうても、龍馬のお茶に毒を入れるとは、
弥太郎さんあかんわ。 それでも、お茶を払いのけて、暗殺を止めたのはえらい。


上士にヘコヘコの弥太郎さん、ドラマを観た三菱のお偉いさんが不快感表わすのも
無理はないわなぁ。(^^;; もうちょっとカッコ良く描いてもええかもよ。


龍馬、ついに脱藩です。 亡命と同じ意味ですよね。
乙女ねえやんをはじめ、坂本家の皆さんがほんまにええ人ばっかりですね。


来週からの第2部がすごく楽しみです。



(今回のレビュー、朝から頭痛がひどいもので、いつも簡単やけど、
 いつもよりもさらに簡単に済ませました。。。)




ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪









ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)
VAP,INC(VAP)(D)
2008-06-04

ユーザレビュー:
ファンの方はもちろん ...
初めて見たNHK朝ド ...
このドラマはすごい! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント