『TOKYO!』 ('09初鑑賞139・WOWOW)




☆☆★-- (5段階評価で 2.5)
9月27日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『殺人の追憶』のポン・ジュノ、『恋愛睡眠のすすめ』のミシェル・ゴンドリー、
『ポーラX』のレオス・カラックス という国際的に注目される3人の映画作家が、それぞれの
視点で東京を描いたオムニバス映画。
出演には香川照之、蒼井優、加瀬亮、妻夫木聡、竹中直人ら人気と実力を兼ね備えた豪華
キャストが集結。
独自の文化やライフスタイルが渦巻く大都市東京を、個性あふれる3人の鬼才監督がどの
ように読み解くのか、目が離せない。


あらすじ:
10年間引きこもり続ける男はある日、ピザ配達の女性に恋をする。彼女に会いに行こうと外に
出ると、東京中が信じられない事態になっていた(『シェイキング東京』より)。
映画監督を目指す恋人と一緒に上京してきたものの、自分自身の夢や目的を見いだせない
女性。そんなある日、彼女は肋骨(ろっこつ)の一部が木になってきていることに気づく
(『インテリア・デザイン』より)。
(シネマトゥデイ)









なんとも不思議なムード漂う作品でありました。
40分弱の中編が3本のオムニバス映画です。


ミシェル・ゴンドリー監督の1本目 「インテリア・デザイン」 が個人的に一番好みです。
藤谷文子が椅子になってしまう、シュールなお話。

でも恐ろしいイメージではなく、妙にほんわかとした空気が好き。
大森南朋の家に椅子の姿の時に持ってこられて、大森南朋がいない時には、人間に戻って
自分の好きなことをやってる・・・藤谷文子の雰囲気にピッタリな作品でした。


レオス・カラックス監督による2本目はマンホールの中から現れた、怪人が東京をパニックに陥れるお話。
BGMに『ゴジラ』のテーマが流れて、旧日本軍の手りゅう弾を街中でぶっ放す。
出だしからワンカット長回しによる撮影。このへんはおもしろかった。
後半は、みててしんどかったですね。


ポン・ジュノ監督の3本目『シェイキング・東京』
蒼井優ちゃん、良いですねぇ♪(^-^)
香川照之、ひきこもりの役が似合ってます。派手さはないが、なんとなく良い作品。



フランス・韓国 のアーティスト&クリエーターの目から見た東京。
シュールな時間を過ごさせていただきました。








2008年/フランス、日本、韓国/110分/ビスタ(第3話のみシネスコ)
監督:ミシェル・ゴンドリー 、レオス・カラックス 、ポン・ジュノ/
出演:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ
  石橋蓮司、北見敏之、嶋田久作、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



TOKYO! [DVD]
VAP,INC(VAP)(D)
2009-03-25

ユーザレビュー:
外国人監督たちの切り ...
「シェイキング東京」 ...
終わって欲しくない。 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"『TOKYO!』 ('09初鑑賞139・WOWOW)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント