天地人 第30回「女たちの上洛」




天地人のお時間です。
あらすじ・・・


上杉軍は越後へ凱旋(がいせん)した。兼続(妻夫木聡)は、これで平和が訪れると喜ぶ。
しかし、秀吉(笹野高史)は国主の妻を上洛させるよう命じていた。景勝(北村一輝)は菊姫
(比嘉愛未)を説得するが、菊姫は拒否。
お船(常盤貴子)は菊姫の気持ちを察し、自分が説得することを約束する。


年が明けると雪解けを待たず、景勝と兼続は再度上洛する。京では、秀吉がますます隆盛を
誇る一方、千利休(神山繁)が反逆の罪に問われ屋敷に監禁されていた。

利休邸の警護を命じられた景勝と兼続は利休を訪ねる。利休は茶の湯の心を守るため、運命を
受け入れる覚悟でいた。その口惜しさを、お涼(木村佳乃)は兼続に吐露。

二日後、利休は切腹。納得できない兼続は三成(小栗旬)を訪ね問い詰める。太平の世ために
やむを得ないとする三成に、兼続は、情を忘れれば人心はついてこない、と反論する。

 
越後に戻った景勝と兼続、さらに仙桃院(高島礼子)も利休のことを持ち出して説得するが、菊姫
は応じない。ついに景勝は主命として上洛を命じる。驚がくの菊姫は自害を図るが、寸前でお船に
止められる。

菊姫のさびしい気持ちを感じたお船は、上洛の供をすることを決意。
驚く兼続に、お船はこの上洛が子どもたちの幸せにつながる、と心中を語る。


天正19年(1591年)7月、菊姫とお船は京へと旅立った。









前回から脚本協力と称して、別の人が脚本に加わったみたいですね。
そのおかげかどうか解りませんが、物語に奥行が出てきたように感じます。


利休切腹への場面は、演じる神山繁さんの確かな演技力によって、引き込まれるものがありました。


光成の髪型が、まともな形になってたので、すっきりしました。(^^;
最後まであの髪形で通すのは無理があると思っていましたもので。。。。


今回のメイン  奥方の上洛についての場面
亭主の兼続が 御屋形様景勝に影のようにずっと沿って行くように
お船も また 菊姫と行動を共にするくだり、妙に納得してしまいました。

幼い子供たちを残して、京に上るのは 後ろ髪引かれる思いやったやろね。
このあたりは実話ってことで、兼続も お船から心底信頼されてたんですね。


総じて今回はよかったと思います。(^-^)



来週は、秀吉の憔悴しきったお顔、あの場面でしょうか。



ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


梟の城(ふくろうのしろ) [DVD]
ポニーキャニオン
2003-11-19

ユーザレビュー:
やっぱりフジテレビフ ...
どうだ、CG使うとこ ...
原作への冒涜必要以上 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"天地人 第30回「女たちの上洛」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント