『マンマ・ミーア!』 ('09初鑑賞15・劇場)




☆☆☆☆- (5段階評価で 4)
1月31日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 17:55の回を鑑賞。


 「どんなことがあっても、笑っていよう。 自分の人生がもっと好きになる。」


解説:
全世界170都市以上で上演され、空前の大ヒットを記録した同名ミュージカルを映画化。
ギリシャの小島を舞台に、20歳の花嫁ソフィの結婚式前日から当日までの物語が、伝説のポップ
グループ、ABBAの大ヒットナンバーに乗せてつづられる。

監督は舞台版の演出を手掛けたフィリダ・ロイド。
主人公ソフィを「ヴェロニカ・マーズ」のアマンダ・セイフライド、その母を名女優メリル・ストリープが演じる。
豪華キャストの素晴らしい歌声に注目(シネマトゥデイ)

あらすじ:
エーゲ海に浮かぶギリシャの小島で、シングルマザーの母ドナ(メリル・ストリープ)に育てられたソフィ
(アマンダ・セイフライド)。彼女のひそかな願いは、まだ見ぬ父親とバージンロードを歩くこと。

結婚式を控え、父親探しをすることに決めたソフィは、内緒でドナの日記を読み、父親の可能性のある
昔の恋人3人に招待状を出す。(シネマトゥデイ)







ストーリーは単純明快。
歌とダンスを楽しみましょう♪  ミュージカル映画大好き♪ (^-^)


メリル・ストリープは、『今宵、フィッツジェラルド劇場で』でも歌を披露していましたが、今作では
歌とダンスを披露して、おおはしゃぎの 60歳とは思えぬほどのはじけっぷりです♪


他のキャストも本人による歌とダンスですが、ピアース・ブロスナンはゴールデン・ラズベリーに
ノミネートされるほど、歌が下手です。(^^;


最初はわざと下手に歌ってるんかなぁと思いましたが、おおまじで下手でした。
こんなんでも、ミュージカルに出れるんやね。。。



楽曲はすべて ABBA(アバ)の大ヒットナンバーから。
聴いたことのある曲ばかりでした。 映画の帰りに、思わずCDを買ってしまいました。
映画のサウンドトラックではなくて、ABBAのBEST。


観終わったあと、すごく気分が良くなる♪


”Mamma Mia!” 「マンマ・ミーア」昔は「ママ・ミア!」って表記されてました。
(イタリア語で 直訳すると「私のお母さん」  意味は「まぁ、なんてこと!」「オーマイ・ガッ!」)

ということで、まさに女性を応援する作品ですよね。
おれら野郎にとっても、元気な女性の姿をみると、自然と元気が出てきます。



頭のなかで、ダンシング・クィーンが延々と鳴り響いていました。(^-^)
野郎にも オススメの作品です♪







2008年/イギリス・アメリカ/ユニバーサル映画/108分/シネスコ/
監督:フィリダ・ロイド/
出演:メリル・ストリープ、ジュリー・ウォルターズ、ステラン・スカルスガルド、コリン・ファース
    ドミニク・クーパー、ピアース・ブロスナン、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


Gold: Greatest Hits
Universal International
1993-09-21
ABBA

ユーザレビュー:
音楽の楽しさを聴く者 ...
ポップスのお手本 ど ...
中学時代が蘇ります中 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"『マンマ・ミーア!』 ('09初鑑賞15・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント