『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 ('09初鑑賞6・劇場)



☆☆☆☆- (5段階評価で 4)
1月10日(土) OSシネマズ ミント神戸  シアター5にて 17:50の回を鑑賞。


解説:
地獄生まれの異色ヒーロー、ヘルボーイが活躍するファンタスティック・アクションのシリーズ第2弾。
今回は、ヘルボーイの前に、魔界の王子と伝説の最強軍団ゴールデン・アーミーが立ちはだかる。
監督は『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ。
ヘルボーイを演じるのは、前作に引き続きロン・パールマン。

見た目は怖いが心優しきヘルボーイの活躍と幻想的なビジュアル世界、さらにはユニークなクリーチャー
が多数登場するアクションシーンに注目だ。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
超常現象捜査防衛局“BPRD”のすご腕エージェント、ヘルボーイ(ロン・パールマン)は、念動発火能力者
の恋人リズ(セルマ・ブレア)らと組み、怪事件の捜査と魔物退治にあたっていた。

一方そのころ、闇の世界では、地上の支配者となった人間を抹殺すべく、王子ヌアダ(ルーク・ゴス)が
伝説の最強軍団ゴールデン・アーミーをよみがえらせようとしていた……。(シネマトゥデイ)







やっぱ、こういうのが好きなんですよぉ~♪ (^-^)
1作目(DVD所有)も、けっこう好きな作品ですが、ちょっとものたりない部分があったんです。


この2作目は、全てにおいてスケール・アップ。
特に気に入ったのは、各キャラクターの人間味溢れる(人間ちゃうけど・・・)描写。


ブルーことエイブ(水棲人間)が、エルフのヌアラ王女に恋をして、普段はクラシックしか聴かないのに
ラブ・ソング集にあるバリー・マニロウの「涙色の微笑」聴きつつ、レッドことヘルボーイと二人で
ビールを飲みながら曲に合わせて熱唱する場面が、最高に好き。


めちゃめちゃ おかしいんやけど、なぜか泣けてくるんですよ。(^-^)







その他、モンスターのデザインも秀逸。
ギレルモ・デル・トロ監督といえば、『パンズ・ラビリンス』のモンスターも印象に残っていますが
今回のキャラ・デザインも、監督らしい個性がにじみ出てて、すごく気に入りました。


ゴールデン・アーミーの変形フィギュアがあったら欲しくなりました。(^^;


バトル・シーンでは、中盤の森の神の場面がすごい。
スケール感がよく出て、ファンタジーとしても観れる場面ですよね。



すべてにおいて、好きな作品。Blu-ray出たら買いの作品です。
記事書いてたら、1作目をもう一度 見直したくなってきました。(^-^)







2008年/アメリカ/ユニバーサル映画/119分/ビスタ/
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ/音楽:ダニー・エルフマン/
出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジョン・アレクサンダー/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪





パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2008-03-26

ユーザレビュー:
ファンタジー?まず、 ...
ひとことでは言い尽く ...
ヴィジュアル&サウン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ヘルボーイ (Blu-ray Disc)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2007-04-25

ユーザレビュー:
今年中にヘルボーイの ...
ちょっと好きな映画日 ...
Movie: 3.5 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 ('09初鑑賞6・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント