『キングダム 見えざる敵』('08初鑑賞133・WOWOW)



☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
10月13日(月・祝) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
4人のFBI捜査官が自爆テロ事件捜査のため、サウジアラビアに乗り込んで行く社会派アクション。
FBIのスペシャリストたちがタイムリミットは5日という極限状態の中、地元警察と激しい攻防を繰り
広げる。 主演はオスカー俳優のジェイミー・フォックス。共演者も『カポーティ』のクリス・クーパーや
『エレクトラ』のジェニファー・ガーナーら実力派ぞろい。
手持ちカメラを駆使したドキュメンタリータッチの映像は必見。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
父母参観日に出席中のFBI捜査官ロナルド(ジェイミー・フォックス)の元に、サウジアラビアで自爆
テロ事件が発生したと知らせが入る。 彼は法医学調査官のジャネット(ジェニファー・ガーナー)や、
爆発物専門家のグラント(クリス・クーパー)らとともに事件の調査を開始。
しかし、FBIの捜査を拒むサウジ政府との交渉は難航し……。(シネマトゥデイ)






社会派タッチのサスペンスと、ハリウッドらしい爆破&銃撃戦でした。
そして現実に起こっているテロ行為・・・

 「心配するな 皆殺しにしてやる」
 「仲間たちが 奴らを皆殺しにしてくれる」

両者のこのセリフが 暗欝たる現代社会を象徴しています。


邦題に 「見えざる敵」とサブタイトルをつけたのは正解でしたね。 実に的を射ています。
人間の心の奥底にある お互いを信じることのできない不信・・・・。



爆破シーンはもちろんCGによるものでしょうけども、凄まじい効果が出ています。
実際にこれだけの(これ以上の)爆破テロが起こっているかと思うと・・・




映画としては、前半は捜査の場面がメインなので疲れているときにみると眠たくなるかも。。。
後半からとたんに激しく展開していきます。


アクション映画としては、後半の30分近く繰り広げられる銃撃戦が圧巻でした。 画面に釘づけになります。
ロケット・ランチャーとかも発射してくるので、爆破もそこらじゅうで起こるし。
最近流行りのドキュメンタリー・タッチでカメラがぶれまくります。


オープニングの短い数分の間に、アラブ諸国の簡単な歴史が紹介されています。
アニメ風の処理がされていますが、映像的にすごくセンスが良いなぁと思いました。


映画としては 非常におもしろかった。
観終わったあと、ちょっと考え込んでしまいました。





2007年/アメリカ/ユニバーサル映画/110分/シネスコ/
監督:ピーター・バーグ/製作:マイケル・マン/
出演:ジェイミー・フォックス、クリス・クーパー、ジェニファー・ガーナー/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


キングダム 【ユニバーサル・Blu-ray disk 第1弾】
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2008-12-19

ユーザレビュー:
オープニングのアニメ ...
良いと思います。この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"『キングダム 見えざる敵』('08初鑑賞133・WOWOW)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント