『アイアンマン』('08初鑑賞125・劇場)



☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)
9月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。


解説:
自ら開発したハイテクの鎧を身にまとい、“アイアンマン”として悪と闘う男の活躍を描くアクション超大作。
同名の人気アメコミを原作に『ザスーラ』のジョン・ファヴロー監督が世界平和のため正義を貫くヒーロー
映画を撮り上げた。
豊富な資金と科学技術でアイアンマンに変身する軍事会社社長トニー・スタークを、『ゾディアック』の
ロバート・ダウニー・Jrが好演。
繊細(せんさい)な精神も持ち合わせる人間味あふれるヒーロー像も見もの。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍の
キャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用
されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに
闘いを挑む。(シネマトゥデイ)







はい、これはめっちゃおもしろかったですぅ♪ (^▽^) やっぱ こういう映画が一番好きやぁ♪
個人的にはやたら暗い『ダークナイト』なんかよりも、絶対こっちのほうが良い!!


映画はこうでなくっちゃ!!
アイアンマンのフィギュア、ほしい~!! かっこええ~!!


でも内容的には 子供向けではない、大人向けの作品だと思います。
自分が今までしてきたことへの後悔と、それを変革するために決意して行動する。


まぁ、難しいこと考えなくても、アイアンマンのスーツを作る工程や、バージョン・アップを施す部分を
丁寧に描いてくれているので、自然と映画の世界に入り込むことができます。



アクション・シーンもなかなか良くできてる。もちろんCGをつかっていますが、金属の質感とか
スーツを装着する場面をリアルに描いています。(ボルトを締めたり、調整したり)


バトル・シーンは思ったよりも少なかったけど、続編の制作も決定してるようなので、次に期待。



インクレディブル・ハルク』のエンド・クレジットの後に、この映画の主役 トニー・スタークが登場
しましたが、今回もエンド・クレジットのあとに、続きがあるのでお見逃しなく。


でも『アベンジャーズ』って、まじで制作するつもりなんかな???
作ってくれたら、もちろん観にいきますけど。(^-^)





2008年/アメリカ/パラマウント映画(配給:ソニー・ピクチャーズ)/125分/シネスコ/
監督・製作総指揮:ジョン・ファヴロー/
出演:ロバート・ダウニーJR.、テレンス・hワード、グウィネス・パルトロー/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


インクレディブル・ハルク (エドワード・ノートン、リブ・タイラー 出演)

ユーザレビュー:
日本じゃ受けないかな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"『アイアンマン』('08初鑑賞125・劇場)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント