『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 ('07初鑑賞59・劇場)



☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
5月26日(土) 109シネマズHAT神戸シアター8にて 14:25の回を鑑賞。
さすがに人気作とあって館内は90%埋まってました。(^^)



孤高の海賊ジャック・スパロウを主人公にしたアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。カリブ海からアジア、そして“世界の果て”へと舞台を広げ、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ、オーランド・ブルーム演じる青年ウィル・ターナーらの活躍が描かれる。アジア人海賊役でチョウ・ユンファ、ジャックの父親役にキース・リチャーズがシリーズ初登場。前作を超える予測不可能なストーリー展開と空前絶後の壮大物語が完結する。

“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていて……。 (シネマトゥデイ)






各キャラの魅力が受けて、大人気シリーズとなりましたが、1~3作 全てにおいて 
かなり大味なんですよねぇ。(--;


前作『デッドマンズ・チェスト』が、どちらかというと アクション中心なのにたいして
今作は(最終話ってこともあって)ドラマ中心。

・・・なので、前作のような、コミカルなアクションの連続を期待すると肩透かしを食らいます。

アクション・シーンもあることはありますが、いたって地味。。。
クライマックスは 文句なしにすごい!!ですが・・・


ちょっと、ゴチャゴチャしすぎやなぁ。
それと 上映時間が長すぎるわ。 2時間49分 は 子供にはガマンでけへんやろ。

もうちょっと、削って、2時間10分ぐらいでちょうどええと思う。


個人的には それほど時間は感じなかったんですけども。


映像的には 石みたいな蟹が気に入った!(笑) あれってCGやね? 
あと、巨大化するカリプソ(笑) 


ところどころ、あっと驚く場面があるんですが、映画事態が長尺な為
印象が薄くなってしまうんですよねぇ。 なんか、もったいない。


どうしても、文句のほうが多くなってしまいます。。。
でも、観終わったあとは、お腹いっぱいになりました。 足も痛くなりました。。。

DVDは、やっぱり 買うやろなぁ(^^;



ウィル・ターナーの行く末が ああいうことになってしまいましたが、なかなか感動的でした。
たった1日のために10年を過すのかぁ。

海よりも深い愛情があってこそ ですね。

エンド・ロールが終わった後に、名場面がありますので、お見逃しなく♪





2007年/アメリカ/ディズニー映画/シネスコ/169分/
監督:ゴア・ヴァービンスキー/音楽:ハンス・ジマー/
出演:ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ジェフリー・ラッシュ 、ジョナサン・プライス 、ビル・ナイ 、チョウ・ユンファ 、ステラン・スカルスガルド 、ジャック・ダヴェンポート 、トム・ホランダー 、ナオミ・ハリス 、デヴィッド・スコフィールド 、ケヴィン・R・マクナリー 、リー・アレンバーグ 、マッケンジー・クルック 、デヴィッド・ベイリー 、キース・リチャーズ/




映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [Blu-ray]

"『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 ('07初鑑賞59・劇場)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント