『間宮兄弟』 ('07初鑑賞43・WOWOW)



☆☆☆-- (5段階評価で 3)
4月22日(日) WOWOWのハイビジョン放送を録画したやつを鑑賞。


30代になっても仲良く同居し続ける兄弟が、日常にささやかな幸せを見出しながら人生を送る姿を描いたドラマ。『阿修羅のごとく』の森田芳光監督が、人気作家・江國香織の同名原作に流れる空気感を余すところなく映像化した。『県庁の星』の佐々木蔵之介とお笑いコンビ“ドランクドラゴン”の塚地武雅が、絶妙なコンビネーションで間宮兄弟を好演。人生の楽しみ方とおもてなしの得意な兄弟のおりなす寓話に心がほっこり温まる良作。

ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信(佐々木蔵之介)と小学校校務員の弟・間宮徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日常にささやかな歓びを見つけ楽しく暮らしている。しかし、そんな彼らにもいよいよ恋の予感が訪れ……。 (シネマトゥデイ)






キャスティングが良く出来てますね。
間宮・兄の佐々木蔵之介さんは『風林火山』で真田幸隆を演じてますが、雰囲気が違って
まさに役者さん すごい! と思いました。


間宮・弟の塚地武雅は本人のキャラの良いところを出して好演してます。
常盤貴子 、沢尻エリカ 、北川景子 と女優陣も今人気のあるひとばかり。
中島みゆきが 兄弟のお母さん役で出ているのでびっくりした。


お話のほうは、(原作は知らんけど)ほんと、ほのぼの~として、淡々と過ぎていく感じ。


う~ん、前半から中盤までは それでも良いのですが、そこから後半までが
やはり同じように淡々と過ぎていくので、観てて ちょっとしんどくなりました。(--;


やっぱ、映画ですからねぇ、いくらほのぼの系でも、もうちょっと 盛り上げてほしいものです。


ハッピーエンドなので、気持ちは良かったですが、ちょっと弱い。
エンドクレジット終了後のドリフのコントみたいな場面は、いらんでしょ?


なんか卑怯な手を使ったなぁって感じるのです。(^^;;


・・・全体的に もったいないなぁ。





2006年/日本/ビスタ/119分/
脚本・監督:森田芳光/音楽:大島ミチル/原作:江國香織/
出演:佐々木蔵之介 、塚地武雅 、常盤貴子 、沢尻エリカ 、北川景子 、戸田菜穂 、岩崎ひろみ 、佐藤隆太 、横田鉄平 、佐藤恒治 、桂憲一 、広田レオナ 、加藤治子 、鈴木拓 、高嶋政宏 、中島みゆき/




ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]

"『間宮兄弟』 ('07初鑑賞43・WOWOW)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント