『リトル・マーメイド』 (LD・DVD)



みなさまご存知の ディズニー・アニメの名作中の名作。
現在のディズニー黄金期を迎えるための起爆剤になった作品です。


もう15年以上も前にLD(レーザーディスク)で初観賞しました。


当時、最も画像のきれいなメディアだったLD。
しかし画面は、ビスタ・サイズの両端をトリミング(切り取り)してスタンダード(TVサイズ)に
したもので、音質も今思えばそれほど良いものではありませんでした。


その後DVDが発売されましたが、画面はレターボックスでの収録。
もとのマスターも良いとはいえず、非常に不満の残る代物でした。


そしてこのたび、やっと、皆が待ち望んでいた形(仕様)でのDVD発売となりました♪


画像



画面はマスター・フィルムをブラッシュ・アップ(キズとか汚れを取り除いて、綺麗にする)して
スクィーズで収録し、音声もリミックス5.1chサラウンドにグレード・アップです(^^)



ひさびさの観賞♪


最近のきれいすぎるCGアニメに見慣れてしまうと、ちょっと、とまどうかもしれませんね。
すべて手書き(ほんのちょっぴりCG)でセル画を使い、人の手によって色を塗った画面は
正直古臭く感じる部分が無きにしもあらず。

でも、なんともいえない暖かさが伝わってくるのも事実です。


アラン・メンケン担当の素敵な音楽と相まって、感動を覚えること必至であります(^^)


アリエルが人間の世界を想って歌う 『パート・オブ・ユア・ワールド』
これは名曲中の名曲ですよね♪ 

『アンダー・ザ・シー』『キス・ザ・ガール』とどれも耳に心地よい名曲揃い♪





好きな場面は、自分の声を渡して、アースラ(蛸の魔女)に人間にしてもらうところ。
ものすごいスペクタキュラーな場面で、とても美しく、とても恐ろしい場面です。

『パート・オブ・ユア・ワールド』の旋律を歌い、光輝く”声”が喉から奪われていく。
そして、尾ひれが二つに分かれて、人間の足に変化。

そのとたん呼吸ができなくなり、セバスチャンたちが大急ぎでアリエルを海上に。
水しぶきをあげて、海中から飛び出す場面の美しいこと!


ものすごく、映画的興奮を感じる場面でした。


3日以内にエリック王子から、”真実の愛”のキスをしてもらわないといけない!
キスをさせるために、仲間たちが がんばる姿が微笑ましいです(^^)


アースラが巨大化するのが笑ってしまいますね (^^;


ラストは原作(アンデルセン童話)とは違って、ハッピー・エンド。
それで正解だったと思う。


その昔、東映まんがまつり で上映された『人魚姫』は原作どおりのエンディングで
すごく印象に残っている。 これはこれで、重要なことだと思います。 これも観るべき。
(ソフト化はされていないかも?)





さて、今回観賞した”プラチナ・エディション”には ゲームやらメイキングやらPVやら
たくさん収録されているのだが、特におすすめなのが ↑ この作品。

短編アニメ 『マッチ売りの少女』 

『リトル・マーメイド』とおなじく アンデルセン童話が原作。

過去(子供のころ)、何度も何度も 語り聞かされ、アニメもみて(「世界昔ばなし」 とか)
泣いたお話。

6分半の作品。 セリフはなく、ボロディンの弦楽四重奏曲第2番 が流れるなか
お話が展開します。  これも、とにかく映像が美しい!

ラストはよく心得ているのですが、やはり、涙がこぼれおちた。
これも、ぜひ、観てください。

Disk2に収録してあるので、レンタルはないかも。
買って、一家の宝物にしてもいいかもしれませんよ♪




『リトル・マーメイド』の後に 『美女と野獣』『アラジン』『ライオン・キング』といった
ヒット作・名作が多く誕生しました。

これも 『リトル・マーメイド』の成功があったればこそ なのです(^^)




1989年/アメリカ/ディズニー/The Little Mermaid/ビスタ/84分/
監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー/
声の出演:ジョディ・ベンソン、サミュエル・E・ライト、バディ・ハケット、パット・キャロル/




 ← クリックお願いします♪



リトル・マーメイド スペシャル・エディション [DVD]

"『リトル・マーメイド』 (LD・DVD)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント