『ナタ転生』('21初鑑賞29・劇場)

nata-01.jpg
☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて
13:20の回を鑑賞。字幕。

見どころ:
中国の古典小説「封神演義」に登場する戦神ナタを題材に描く3DCGアニメーション。
かつて権勢を誇った一族の息子を打ち破った少年神ナタが現代によみがえり、因縁の相手と再び決死のバトルを繰り広げる。
中国の民話「白蛇伝」をフル3DCGでアニメ化した『白蛇:縁起』などのスタジオ・追光動画と、共同監督を務めたチャオ・ジーが再び組み、およそ4年をかけて制作された本作は、アヌシー国際アニメーション映画祭でWIP部門にノミネートされた。

あらすじ:
3,000年以上前の中国で、7歳の少年神ナタは東海龍王の息子・三太子に逆らい、激闘の末に勝利する。だが、息子を殺された東海龍王の策略により、人民たちの命と引き換えにナタは自ら命を絶つ。そして現代、ナタはバイク好きな青年・李雲祥(リ・ウンショウ)として転生し、気の合う仲間たちと楽しく生活していた。一方、三太子の生まれ変わりである三公子が、前世でのナタへの恨みを現世でも晴らそうとする。
(シネマトゥデイ)


nata-02.jpg

中国産の3DCGアニメーション作品。
昨年鑑賞した『羅小黒戦記』やTVアニメ『魔道祖師』など、最近の中国アニメの進化には驚く。
内容もすごく充実してきたので、これからも期待。

今作は、キャラデザインのクセが少々キツイが、あらゆるものの質感や躍動感が素晴らしいと感じました。
もちろん、ハリウッド作品や日本のアニメの影響もそこら中に感じられます。

エンタメとしては、十分すぎるほどの合格点。

でも、孫悟空のセリフ「天竺まで取りに行った経典は、今ではなんの役にも立たない」・・・と言わせてしまうあたり、現代中国の問題点が露呈しているように思えます。(^^;;


nata-p.jpg
ナタ転生 (2021)
2021年2月26日公開 117分

映画詳細データ
英題:NEW GODS:NEZHA REBORN
製作国:中国
制作:追光人動画設計(北京)有限公司
配給:チームジョイ
技術:DCP/カラー/シネスコ

スタッフ
監督:チャオ・ジー
脚本:MU Chuan

キャスト
(声の出演)
YANG Tianxiang
ZHANG He
XUAN Xiaoming
LI Shimeng

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント