『犬鳴村』('21初鑑賞10・WOWOW)

inunakimura-01.jpg
☆☆☆-- (10段階評価で 6)
1月24日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。

見どころ:
『呪怨』シリーズなどの清水崇監督が、福岡県の有名な心霊スポットを舞台に描くホラー。霊が見えるヒロインが、次々と発生する奇妙な出来事の真相を突き止めようと奔走する。
主演を『ダンスウィズミー』などの三吉彩花が務める。『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』『貞子3D2』などを手掛けてきた保坂大輔が清水監督と共同で脚本を担当した。

あらすじ:
臨床心理士の森田奏(三吉彩花)の周りで、不思議な出来事が起こる。奇妙なわらべ歌を歌う女性、行方不明になった兄弟など、彼らに共通するのは心霊スポット「犬鳴トンネル」だった。さらに突然亡くなった女性が、死ぬ間際にトンネルを抜けた後のことを話していた。奏は何があったのかを確かめるため、兄たちと一緒に犬鳴トンネルに向かう。
(シネマトゥデイ)

inunakimura-02.jpg

最初、成海璃子かと思った。(^^; 三吉彩花だったんですねぇ。
専門家の評価は比較的高いが、一般視聴者の評価は低いのが面白い。

出だしは、現代的なホラーで清水崇監督らしいなと。
途中からなにやら変な方向に進んで、犬人間? ファンタジーっぽい展開に。
清水監督の『呪怨2』にあった、時系列が混乱するSFっぽい展開にもなり、そのあたりが評価が分かれるところかなぁ。。。
日本的なジワジワ感のあとの、アメリカンホラーっぽい異形。

個人的には、可もなく不可もなく といった感じの作品でした。
三吉彩花の芝居が下手というレビューが多かったけど、そんなに下手だとは思わなかった。
それより、高嶋政信、ここにも出てるんかい!と思いました。(笑)


inunakimura-p.jpg
犬鳴村 (2020)
2020年2月7日公開 108分

映画詳細データ
製作国:日本
配給:東映
技術:カラー/ビスタ

スタッフ
監督:清水崇
脚本:保坂大輔
企画プロデュース:紀伊宗之

キャスト
三吉彩花(森田奏)
坂東龍汰(森田悠真)
古川毅(成宮健司)
宮野陽名(籠井摩耶)
大谷凜香(西田明菜)
奥菜恵(優子)
須賀貴匡(圭祐)
田中健
寺田農(山野辺)
石橋蓮司(中村隼人)
高嶋政伸(森田晃)
高島礼子(森田綾乃)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント