『フォード vs フェラーリ』('20初鑑賞02・劇場)

fvsf-01.jpg
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 
10:20の回を鑑賞。2D:字幕版。

見どころ:
1966年のル・マン24時間レースをめぐる実話を映画化した伝記ドラマ。
フォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられた男たちが、王者フェラーリを打ち負かすため、意地とプライドを懸けた闘いに挑む。
エンジニアを『オデッセイ』などのマット・デイモン、レーサーを『ザ・ファイター』などのクリスチャン・ベイルが演じる。
『LOGAN/ローガン』などのジェームズ・マンゴールドがメガホンを取った。

あらすじ
カーレース界でフェラーリが圧倒的な力を持っていた1966年、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はフォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられる。敵を圧倒する新車開発に励む彼は、型破りなイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていく。

(シネマトゥデイ)

fvsf-02.jpg

1966年のル・マン24時間耐久レースに挑む男たち。
レースシーンの迫力と、巨大企業上層部 いわゆるスーツ組の圧力にどう対抗するか、すごく見応えのある作品でした。( ≧∀≦)ノ

あの副社長が嫌な奴でしたねぇ。
ル・マンでの最終、社長へのゴマスリで、フォード3台での同時ゴールを画策。

どうするかシェルビーはドライバーのケン・マイルズに一任するが、彼の選択が、一歩レベルの高い境地で、ただの勝ち負けではないことに、深い感銘を受けました。

今年最初の満点映画です♪


fvsf-p.jpg
(C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

フォードvsフェラーリ (2019)
2020年1月10日公開 153分

映画詳細データ:
英題:FORD V FERRARI
製作国:アメリカ
製作・配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
技術:カラー/シネスコ

スタッフ
監督
ジェームズ・マンゴールド
脚本
ジェズ・バターワース
ジョン=ヘンリー・バターワース
ジェイソン・ケラー
製作
ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮
ケヴィン・ハロラン
デーニ・バーンフェルド
マイケル・マン
撮影監督
フェドン・パパマイケル
プロダクションデザイン
フランソワ・オデュイ
編集
マイケル・マカスカー
アンドリュー・バックランド
音楽
マルコ・ベルトラミ
バック・サンダース
衣装デザイン
ダニエル・オーランディ

キャスト
マット・デイモン(キャロル・シェルビー)
クリスチャン・ベイル(ケン・マイルズ)
ジョン・バーンサル(リー・アイアコッカ)
カトリーナ・バルフ(モリー・マイルズ)
トレイシー・レッツ(ヘンリー・フォード2世)
ノア・ジュープ(ピーター・マイルズ)
ジョシュ・ルーカス(レオ・ビーブ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント