『ヘルボーイ(2019)』('19初鑑賞63・劇場)

hellboy2019-01.jpg
☆☆☆★- (10段階評価で 7)
10月1日(火) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン10にて
16:10の回を鑑賞。2D:字幕版。

見どころ:
ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのニール・マーシャルを監督に迎え、マイク・ミニョーラのアメコミシリーズをスタッフやキャストを一新して映画化。
異形のヒーローが、世界滅亡をたくらむ悪と戦う。
本作では原作者のマイクが監修を担当し、ドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」などのデヴィッド・ハーバーが主演を務める。
ミラ・ジョヴォヴィッチが悪役として登場する。

あらすじ:
超常現象調査防衛局“B.P.R.D.”のエージェントであるヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)は、イギリスで暴れ回る巨人退治の指令を受ける。
暗黒時代に封印されたブラッドクイーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が1,500年の時を超えて眠りから覚めたことを知ったヘルボーイと、霊媒能力を持つ少女アリス(サッシャ・レイン)、ベン・ダイミョウ少佐(ダニエル・デイ・キム)らは、ブラッドクイーンに接近する。

(シネマトゥデイ)

hellboy2019-02.jpg

『ディセンダント』『ゲーム・オブ・スローンズ』のニール・マーシャル監督によるリブート作品。
個人的にはデル・トロ版のほうが好き。ユーモアもあったし。

今作では血の量が増えて、死体の描写なんかも小さい子が観たら夢に出てくるレベル。
(モツ飛び出てるし)
クライマックスに至っては『ベルセルク』の「蝕」を彷彿させるエグさ全開な内容になっております。
苦手な方は観ない方がいい。(^^;;

ストーリー&キャラは、各種神話や物語からの引用がすごく多くて、字幕を追うのに必死になる。
(情報量がすごく多い)
セリフだけでも、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』のジャバ・ウォッキーなんか出てくる。
アーサー王と聖剣エクスカリバーも絡んでくるし、ロシア神話(?)のバーバ・ヤーガ(雌鶏の足の上に建つ小屋に住んでる魔女)も重要なキャラで登場。 
こういうお話が好きなら、結構楽しめるかと。

キャラの造形・デザインはすごく面白いし、観てて楽しい。

ただ、ハイスピードでセリフもアクションも繰り出されるので、観た後けっこう疲れる。
魔女ニムエ役のミラ・ジョボビッチは楽しみながら演じている。

エンドロール中も後もオマケ映像が続き、続編作る気満々な終わり方ですが、アメリカでは大コケしたそうなので、続編制作は無いと思われます。(^^;;


hellboy2019-p.jpg
(C) 2019 HB PRODUCTIONS, INC.

ヘルボーイ (2019)
2019年9月27日公開 120分

映画詳細データ
英題:HELLBOY
製作国:アメリカ
提供:ハピネット、ポニーキャニオン
提供・配給:REGENTS
技術:カラー/シネスコ

スタッフ
監督:ニール・マーシャル
原作・製作総指揮:マイク・ミニョーラ
脚本:アンドリュー・コスビー
製作:ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン

キャスト
デヴィッド・ハーバー(ヘルボーイ)
ミラ・ジョヴォヴィッチ(ニムエ/ブラッドクイーン)
イアン・マクシェーン(トレバー・“ブルーム”・ブルッテンホルム教授)
サッシャ・レイン(アリス・モナハン)
ダニエル・デイ・キム(ベン・ダイミョウ少佐)
ペネロープ・ミッチェル(ガネイダ)
トロイ・ジェームズ(バーバ・ヤガ)
エマ・テイト(バーバ・ヤガ)
ソフィー・オコネドー(レディー・ハットン)
アリスター・ペトリ(グラーレン卿)
マーク・スタンリー(アーサー王)
ブライアン・グリーソン(マーリン)
マリオ・デ・ラ・ロサ(エステバン・ルイズ/カマゾッツ)
トーマス・ヘイデン・チャーチ(ロブスター・ジョンソン)
(声の出演)
スティーヴン・グレアム(グルアガッハ)


よろしければ、クリックお願い致します♪
 

ヘルボーイ [Blu-ray]
ヘルボーイ [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント