いだてん 第36回「前畑がんばれ」、第37回「最後の晩餐」

idaten36.jpg
大河ドラマ『いだてん』のお時間です。BSを録画にて鑑賞。
第36回「前畑がんばれ」あらすじ・・・・・・・

ロサンゼルスオリンピックの雪辱を期す前畑秀子(上白石萌歌)は、経験したことのないプレッシャーと闘う。
日本国中から必勝を期待する電報がベルリンに押し寄せ前畑を追い詰める。
レースを目前にアナウンサーの河西三省(トータス松本)が体調を崩すが、田畑(阿部サダヲ)は前畑勝利を実況すると約束した河西の降板を断固拒否する。
そして迎える決勝。
ヒトラーも観戦する会場に響くドイツ代表への大声援。オリンピック史に残る大一番が始まる──。

(オフィシャルサイトより)


河西アナが「前畑がんばれ!」と連呼する有名な場面。
日本中がラジオ実況を通して、「がんばれ がんばれ」と声援を送る場面は感動的。

でもこの回でもっとも印象に残ったのが、まーちゃんがヒトラーにお礼を言う場面。
「あれをなにしてくれて、ダンケシェン」(オリンピック東京誘致に協力してくれてありがとう)
乾いた目でまーちゃんと握手するヒトラー。
とてつもない威圧感が周りを包む。

オリンピック終了後、次の東京に向けて慌ただしくなる。
でも嘉納先生の様子がおかしい。国家主導になることに、副島さんは疑問。

そんな中、日中戦争勃発。


idaten37.jpg

第37回「最後の晩餐」あらすじ・・・・・・・

嘉納治五郎(役所広司)は開催が決定した1940年東京オリンピックの準備を進めるが、日中戦争が始まった日本ではオリンピック反対論が沸き起こる。
理想のオリンピックとは程遠い状況に激しく葛藤する田畑(阿部サダヲ)を金栗四三(中村勘九郎)が訪ねる。
オリンピックへのあふれる思いを語り合う2人。
嘉納はエジプトでのIOC総会に参加し日本開催を危ぶむ声を封じ込める。
帰国の船で乗り合わせた外交官・平沢和重(星野 源)に、自らの夢を語るが──。

(オフィシャルサイトより)


嘉納治五郎先生の回。

日中戦争勃発で国内でも、IOC委員会でも東京開催に反対の空気。
副島さんは開催返上を進言。

まーちゃんはベルリンで通訳を務めてくれたユダヤ人の青年が、自殺したことを聞きショックを受ける。
そして今の日本を世界に見せれる状態ですか?と治五郎先生に返上を迫る。
治五郎先生は「(オリンピックは)やる!」とエジプトのIOC総会に出席。

そしてなんとか、再度東京開催を約束し、帰国の途へ。
船上にて外交官・平沢和重と自身が今まで一番嬉しかったことはなにか語る。

そして太平洋上で息を引き取る。

日本で遺体と対面したまーちゃん。
平沢和重から、治五郎先生からの秒針が動いているストップウォッチを譲り受ける。
東京オリンピック開催を決意するまーちゃん。

今回も神回とまではいかないかもしれませんが、心に残る回でした。
役所広司さんの芝居の深さに感銘。

次回は太平洋戦争勃発で、ますます混沌とする世界。
五りんの出生もいよいよあきらかに。


よろしければ、クリックお願い致します♪


いだてん 完結編 (3) (NHK大河ドラマ・ガイド)
いだてん 完結編 (3) (NHK大河ドラマ・ガイド)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント