『SHADOW/影武者 』('19初鑑賞58・劇場)

shadow-01.jpg
☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
9月6日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン10にて 
13:40の回を鑑賞。字幕版。

見どころ:
『あの子を探して』などのチャン・イーモウが「三国志」の荊州争奪戦をアレンジしたアクション。
自由と引き換えに大軍が待つ敵地に向かう影武者の運命を描く。
『ドラゴン・フォー』シリーズなどのダン・チャオが、武芸が得意で頭の切れる都督と影武者の一人二役に挑戦し、実生活でもダン・チャオと夫婦であるスン・リーが都督の妻を演じる。

あらすじ:
沛国が敵の炎国に領土を奪われて20年、敵と休戦同盟を結んだ若き王は、平和な一方で屈辱的な日々を過ごしていた。
奪還を目標とした開戦派を束ねる、頭がよく武芸を得意としている重臣・都督(ダン・チャオ)は、最強の戦士である敵の将軍・楊蒼に手合わせを申し込む。
彼の勝手な行動に激怒する王だったが、目の前にいる都督は影武者(ダン・チャオ)で、本物の都督は自身の影に大軍との戦いを命じていた。

(シネマトゥデイ)

shadow-02.jpg

この監督さんのアクション(武侠)ものは、カラフルな色彩に彩られた作品が多いですが、今作では、水墨画のような彩度を極力抑えた色彩が支配しています。

アクションも、傘のような仕込み刀(アンブレラ・ソード?)を駆使。
女人の動きを模したユニークな殺陣。

物語は前半はゆったり、後半にいくと、アクション全開・ノワール全開な展開に。
裏切りと殺戮が繰り返される、骨太な作品です。

『王妃の紋章』に雰囲気近いかも。


都督と影武者、別の役者かと思ったんですが、同じ役者(ダン・チャオ)だそうで、別人にしか見えないそのなり切りっぷりに驚愕です。



shadow-p.jpg
(C) 2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

SHADOW/影武者 (2018)
2019年9月6日公開 116分

映画詳細データ
製作国:中国
配給:ショウゲート
技術:カラー/5.1ch/シネマスコープ

スタッフ
監督・脚本:チャン・イーモウ
脚本:リー・ウェイ
撮影監督:チャオ・シャオティン
製作:エレン・エリアソフ、チャン・チャオ

キャスト
ダン・チャオ(子虞(ツー・ユイ)/影武者)
スン・リー(小艾(シャオアイ))
チェン・カイ(沛良(ペイ・リャン))
ワン・チエンユエン(田戦(ティエン・チャン))



よろしければ、クリックお願い致します♪


王妃の紋章 [Blu-ray]
王妃の紋章 [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント