いだてん 第23回「大地」




大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第23回「大地」 あらすじ・・・・・・・


四三(中村勘九郎)やシマ(杉咲 花)の提案で、富江(黒島結菜)は父の大作(板尾創路)と駆けっこで競走。
鍛えた女性は男に勝てると証明する。

治五郎(役所広司)はスポーツが育ってきた日本でオリンピックを開催できるよう神宮外苑競技場の完成を急ぐ。
方や、孝蔵(森山未來)とおりん(夏帆)夫婦は、貧乏と夫の酒浸りの生活のせいで破局寸前に。


そんな折、関東大震災が発生! 混乱の中で孝蔵は妻をかばう。


(オフィシャルサイトより)





クドカン脚本ドラマ作品としては、『あまちゃん』(東日本大震災)に続いて、歴史的に大きな地震災害を描く。


前半は、前回から、四三が教師を辞めさせられることに抗議し、教室に立てこもる女学生たち。
富江の父:大作が、女子にはスポーツなど到底無理! 自分は医者だからよく解ると豪語。

シマちゃん先生の提案で、富江と大作のかけっこ勝負。
6回連続で勝負し、富江の全勝。

四三は無事、教師を続けることができました。


話変わって、孝蔵夫婦のお話。
貧乏で家賃を払えず、夜逃げ。 落ち着いた先でも酒浸りな孝蔵さん。


そしてある日、9月1日の正午前。 関東地方を大きな地震が襲いました。

この日、四三は新しく建設中の神宮外苑競技場を見学。

シマちゃん先生は、浅草オペラを観に行くので待ち合わせに、凌雲閣の12階に。


東京は浅草を中心に、瞬く間に火の海。

凌雲閣は8階部分から上が崩壊。



この描写、『あまちゃん』でも実に上手い演出で見せていましたが、今作でも、見事な描写。


妻であるシマを探す夫。 四三に、今朝初めて、お米の炊き方で夫婦喧嘩したことを告白。


混乱の中、自警団が外国人(と思われる人物)に対し、危害を加えようとする部分も描写されており、四三も熊本訛りなので「お前は、日本人か?」と質問される場面も。


昭和の場面では、五りん が母親の形見の写真を見せて、シマが五りんの祖母(母方の)であることがわかる。


このあたり、私の予想どおりでした。


すごく大河ドラマらしい展開の今回。
次回からは、金栗四三編のクライマックス。




よろしければ、クリックお願い致します♪




いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
NHK出版
2019-05-31
宮藤 官九郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第23回「大地」感想

    Excerpt: …治五郎(役所広司)はスポーツが育ってきた日本でオリンピックを開催できるよう神宮外苑競技場の完成を急ぐ。方や、孝蔵(森山未來)とおりん(夏帆)夫婦… Weblog: ドラマ@見とり八段 racked: 2019-06-17 14:09
  • NHK大河ドラマ「いだてん」第23回「大地」

    Excerpt: 真央!大地は真央の枕詞やけんね!んだけど今回のタイトルは揺れる大地の大地で、どちらかというとパール・バックの大河小説「大地」へのリスペクトが込み込みなんでしょうねええ~。 さて先週は…男も出すなる足.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2019-06-17 21:13