いだてん 第17回「いつも2人で」




大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第17回「いつも2人で」 あらすじ・・・・・・・


1915年、戦争でベルリンオリンピックの開催中止が決定し、選手のピークを迎えていた四三(中村勘九郎)は激しく落ち込む。
ふさぎ込む姿を野口源三郎(永山絢斗)らが心配するなか、熊本からやって来た妻・スヤ(綾瀬はるか)が四三の無念を受け止める。
夫婦として共に痛みを分かち合い、スヤの愛を力に四三は再び走りだす。


四三の再起に刺激を受けた治五郎(役所広司)は明治神宮にスタジアムを作る目標を立てる。
やがて彼らは、東京-京都間の東海道五十三次を全国の健脚たちと共に走る構想を思いつく。
これが「駅伝」誕生の瞬間だった。


(オフィシャルサイトより)



「いつも2人で」 タイトル通り、四三にたいするスヤさんの愛情と、駅伝誕生メインの回。

離れて暮らしていても、四三のことを一番よく理解しているスヤさん。


演じる綾瀬はるかにぴったりな役柄だと思います。


後半はオリンピックの夢が絶たれた四三を想い、思わず口に出たスヤさんのことば「50人の四三」
からヒントを得て、「駅伝」を思いつき実施するまでを描く。


実際はもっと準備とかあると思うんですが、かなり端折った描かれ方でしたね。


ところで、今回 大河ドラマ歴代ワーストの視聴率だったそうで。。。
(『平清盛』よりも下げてしまった)

個人的には面白いと思うんだけども。。。(^^;;





よろしければ、クリックお願い致します♪
 




大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
ビクターエンタテインメント
2019-03-06
大友良英

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック