いだてん 第16回「ベルリンの壁」



大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第16回「ベルリンの壁」 あらすじ・・・・・・・


1914年、教員になる道を捨て、足袋の播磨屋に居候しながらプロフェッショナルのランナーとしてベルリンオリンピックを目指し始めた四三(中村勘九郎)。
野口(永山絢斗)や徒歩部の後輩と共に、水しぶき走法など、より過酷な状況でも走り続ける修行に励む。


そのころ、旅の師匠・小円朝(八十田勇一)に一座を追い出された孝蔵は、無銭飲食をして警察に逮捕される。
獄中で偶然目にしたのは円喬(松尾スズキ)死去の記事。牢名主ろうなぬし(マキタスポーツ)に芸を見せろと挑発されながら、孝蔵は円喬に教わった噺をこん身の力で披露。

師匠との悲しすぎる別れが、彼を噺家として奮い立たせる。


四三が練習に打ち込む一方で、ヨーロッパでは第一次世界大戦の規模が拡大していた──。


(オフィシャルサイトより)






足袋の播磨屋の主人がピエール瀧から三宅弘城に変わりました。
この役者さんもすごく上手いので心配は無いのですが、最初から三宅さんが演じてたような自然な演技です。


さてさて、「プロ」として、来るベルリン・オリンピックへ向けて鍛錬を重ねる四三。
足袋屋の2階に居候。 その向かいの家には、三島家で働いていたシマちゃん(杉咲花)が住んでました。

ほんとに顔小さくてかわいいなぁ。



熊本ではスヤさんが、心配してついに東京まで出てきました。

けど、四三はスヤさんに帰ってくれ、甘えてしまうと。なんとも真っ直ぐな性格。



場面変わって、旅の途中の孝蔵は、無銭飲食で逮捕されて、獄中で師匠・円喬の死去を知る。
師匠を想っての落語の場面は胸に熱くくるものがありました。

そして、心を入れ替えて、落語に打ち込む孝蔵。



ヨーロッパの情勢は、第一次世界大戦の規模がどんどん大きくなり、ついに、オリンピックの中止が決定。


落ち込む四三。


これからの展開が見ものです。





よろしければ、クリックお願い致します♪





大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
ビクターエンタテインメント
2019-03-06
大友良英

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック