いだてん 第11回「百年の孤独」




大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第11回「百年の孤独」 あらすじ・・・・・・・


1960年東京オリンピックを控える田畑政治(阿部サダヲ)は開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。


時は1912年7月のストックホルムオリンピック開会式。
「NIPPON」のプラカードを持ち、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)が日本初のオリンピック選手として入場。

そして競技が始まる。


大森兵蔵(竹野内 豊)に緊張を解された弥彦は100メートル短距離走で好タイムでゴールするも順位は惨敗し、200メートルも惨敗に終わる。

プレッシャーと戦い続けた弥彦だったが、晴れやかに最後の400メートルの走りへと向かう!


(オフィシャルサイトより)






ピエール瀧がやらかして、このドラマ、どうなるんだろう?
今回は元から出演シーンは無かったそうですが、代役を立てるそうで誰が演じるのか。
今までの録画、残しておいたほうが良かったなー。(^^;;



「日本」にこだわる四三くん。
いや「JAPAN」だと大森兵蔵の意見もあるが、「双方利あり」と治五郎先生。

「NIPPON」のプラカードを持って開会式入場。
いよいよ ストックホルム・オリンピックの始まり!!


短距離走の三島弥彦。 
世界のレベルについていけない。 自身の記録は伸ばしたけど、力及ばず。

日本人には100年かかると弥彦さん。


四三は、なんかモヤモヤとしながら、押し花作り。 
それが「プレッシャー」だと弥彦に教えてもらい、なんかスッキリ。


マラソン当日。 二人で沐浴。

次回は、マラソン中継ですかね。




よろしければ、クリックお願い致します♪



いだてん オリジナル・サウンドトラック 前編
Victor
2019-03-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「いだてん」第11回「百年の孤独」

    Excerpt: 色んなことがあり過ぎて、もう大変な春の宵。皆様いかがお過ごしでしょうか~。ビックリしましたよね、ピエールメンバーの逮捕劇。20代からヤッテたのに、よくこれまでばれずに来ましたよねええ~。ってそれ以上に.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2019-03-18 20:04
  • 大河ドラマ「いだてん」 #11  「百年の孤独」

    Excerpt: プラカードの表記でひと悶着。 結果・・・ Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2019-03-18 20:44
  • 『いだてん』、さらに感動した(第9~11回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第9~11回の感想です。まずはあらすじ。新橋を出て船で大陸に渡り、シベリア鉄道でストックホルムへ向かう金栗四三(中村勘九郎)一行。初めてのオリンピッ.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2019-04-08 20:04