いだてん 第09回「さらばシベリア鉄道」



大河ドラマ『いだてん』のお時間です。
BSを録画にて鑑賞。 第9回「さらばシベリア鉄道」 あらすじ・・・・・・・


四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。
ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。

不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らす。


一方、孝蔵(森山未來)は、師匠・円喬(松尾スズキ)に「朝太」という名を授かり、噺家(はなしか)デビューに歩みだす!


(オフィシャルサイトより)







演出が、『モテキ』『バクマン。』などの大根仁。 
ストックホルムのロケもあり、4K映像でみるとさぞかし臨場感あるんやろなぁ~と思いつつ鑑賞。


大半がシベリア鉄道の列車内でのお話。


今回のメインは、新婚旅行のようにラブラブな大森兵蔵(竹野内豊)、安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)夫妻。
本編後の紀行で実際の兵蔵さんの肖像画と写真登場。なかなか渋いですね。


十何日間もずーっと顔を突き合わせているとギスギスしてくるもので、その辺の描写が面白い。


嘉納治五郎先生はまだ出発できない。。。。



そして、ストックホルム到着。
4Kカメラで撮った映像を4Kで観たかった。(4KTV、まだ買えない・・・)



同じころ浅草では、孝蔵(森山未來)は、師匠・円喬(松尾スズキ)に「朝太」という名を授かり、噺家(はなしか)デビュー! で、初任給が 5厘(りん)。


五輪じゃなくて5厘。 
師匠の弟子に対する、厳しくも暖かい愛を感じます。







・・・・ハルビンの場面で伊藤博文 暗殺。
ここで演じてたのは、『西郷どん』でも伊藤博文を演じてた 牧 善之助 じゃなくて 浜野健太。
ほんの一瞬でしたが、面白いことをしますね。






よろしければ、クリックお願い致します♪




大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
ビクターエンタテインメント
2019-03-06
大友良英

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック